2006/5/31

The BlueDusts  Tribute Band

六本木アビーロードの10周年を記念して
5年ぶりに復活した The BlueDusts を昨日観た。
The BlueDusts は2000年11月11日に
ビートルズのアルバム「The Beatles1」発売記念イベントのため
結成されたビートル・ユニット。
当時のメンバーは
黒沢昭雄さん(ポール)小熊正彦さん(ジョン)
三分一嘉一さん(ジョージ)二神浩志さん(リンゴ)
ただし今回からは二神さんに代わって
鶴見ラバーソウルなどで活躍されている金子充伯さんが参加。


クリックすると元のサイズで表示します

さて
黒沢さんは2年前からバンド活動を休止していた。
その間あちこちから復活を望む声が上がっていたのだけど
他に力を入れているお仕事があったようで
ステージでその姿を観ることはできなくなっていた。
黒沢さんといえば、ワタシにとっては Routine のポール役。
彼を初めて観たのは六本木キャヴァンクラブ。
今から12年ほど前だったと思う。
その時のジョンは小松陽介さんで、ジョージは三分一さん。
このフロント3人は最強に見えた。
「最近人気の曲です」という黒沢さんのMCで始まった曲は
”Three Cool Cats”
この時のことは今でも忘れられない。
ビートルズのコピー・バンドが出ている店に行ったのも
これが初めてだったうえ
Routine のビートルズぶりにも衝撃を受け
それ以来 Routine はワタシの中で伝説のコピバンとなった。

その後いつの間にか Routine はキャヴァンクラブから消え
ワタシも六本木に足を運ぶことはなくなってしまった。
ところが2001年10月、突然に Routine が復活。
オリジナル・メンバーは黒沢さんと小松さんだけだったが
ビートルズに対する拘りは昔のまま。
1本マイクのジョン&ポールが再現されるたび
客席からは大きな声援が上がっていたっけ。

しかし 再始動したRoutine は常時活動するバンドではなかったことや
小松さんの個人活動が活発になり
別に Make Let というバンドを結成したことなどもあって
おのずと Routine の活動は休止状態になっていった。
2004年5月のことである。

前置きが異常に長くなってしまったが(汗)どうぞお許しを。

黒沢さんのパフォーマンスを観たのは本当に久しぶりだったけど
2年前と全然変わることのないステージに感動した!
ブランクなんてどこにあったのだろうかと思うほど。
黒沢さんは右利きなのに
ベースは左手で弾くことからもわかるように
彼のビートルズに対する拘りは人一倍強い。
そのほかにもいろんなところで思わずニヤリとしてしまうような
パフォーマンスをしてくれるのがとても嬉しい。
そんなビートリーさを保つには大変な努力をされているはず。

1stステージ
She Loves You
Can't Buy Me Love
I Feel Fine
Three Cool Cats

おおっ!ここで大好きな”Three Cool Cats”だ。
ジョージ役の三分一さんには
2003年にジョン・レノン・ミュージアムで行われた
トリビュート・バンド・コンテストでお見かけして
ついお声をかけてしまったことがある。
ご本人は憶えていないと思うけど。
三分一さんのジョージはワタシの好きなタイプ。
Routine の時も好きだったからバンドで観られるのはとても嬉しい。

You're Going To Lose That Girl
Here There And Everywhere
And Your Bird Can Sing
I Wannna Be Your Man

リンゴ役の金子さんは歌い方がとってもリンゴ。
初めて観たけれどなかなか良い感じである。

Get Back
Any Time At All
Something
The Long And Winding Road

2ndステージ
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
〜With A Little Help From My Friends
Come Together
All My Loving
Ain't She Sweet

ジョン役の小熊さんはずっと前に1度だけ観たことがある。
The bad Boys でだったか。
その時よりも、よりジョン度が増しているような印象を受けた。

Till There Was You
Help!
Happy Birthday To You〜Birthday
While My Guiter Gently Weeps
You Really Got A Hold On Me
Let It Be

3rdステージ
No Reply
I'll Follow The Sun
You Can't Do That
Roll Over Beethoven
I've Got A Feeling
Here Comes The Sun
Hello Goodbye
Yellow Submarine
The Ballad Of John And Yoko
Hey Jude
** encore **
Hippy Hippy Shake
Twist And Shout 

あ〜楽しかった!
The BlueDusts また観に来ようっと。

ライブが終わって少し後、たまたま黒沢さんが近くにいらした。
「お疲れさまでした!」
とお声をかけたワタシに黒沢さんから
「今日は Make Let 行かなくて良いんですか?」
と鋭いツッコミをいただいた(苦笑)
そう、同じ夜に大宮で小松さんのバンドのライブがあったのだ。
でも黒沢さん、どうぞお手柔らかにお願いしますです。
昨夜はただ The BlueDusts が観たい気分だったのだから。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/6/5  21:03

 




Let It Beアーティスト: The Beatles出版社/メーカー: Capitol発売日: 1990/10/25メディア: CD




I've got a feeling by The Beatles


I've got a feeling, a feeling deep inside
マジで 来てるぜ   心の底から 来てるぜ
Oh yeah, Oh yeah.
ホント ... 

2006/6/5  2:26

 

皆さん、ありがとうございました!
皆さんやStaffにささえられ、とても楽しい時間が過ごせました。
心から感謝しています。 




AutoPage最新お知らせ