2006/7/20

猫族@ラスベガス  

かつてラスベガスの THE MIRAGE では
本物の”ホワイトタイガー”が次から次へと出て来ては
観客の目の前であっと言う間に消えてしまうという
驚くべき大人気のマジック・ショウがあったそうだ。

しかしこのショウ「SIEGFRIED & ROY」は
2003年10月の公演中に発生した事故により
残念ながら中止となってしまった。
マジシャンがトラに咬まれて重傷を負ったのだ。

一説によれば
何かの発作を起こしたマジシャンに驚いたトラが
マジシャンを突然に助けようとした結果が
不幸にも事故に繋がったのではないか?
という話もあったようである。

このマジシャンたちは
トラたちが赤ちゃんの頃から大切に育て
とても深い愛情を持って接していたそうだから
その説には真実味がある気がする。
動物と人間の信頼関係のあまりの事故
・・・と言っても過言ではないかも。

余談になるが今年になり
そのショウに代わって始まったのが「LOVE」だったのだ。
「LOVE」のプレミアには
このマジシャンたち、ジークフリードとロイも顔を見せていた。

さて THE MIRAGE では
現在もマジシャンたちとトラたちとの存在は大きく
ホテルには「The Secret Garden of Siegfried&Roy」
というミニ動物園が併設されており
数匹のホワイトタイガーやホワイトライオンが飼育されている。

ワタシも同行のNさんも動物好き、猫族好きなので
この Secret Garden に行った。

クリックすると元のサイズで表示します

真夏のラスベガスでは人間同様動物たちもかなり暑そうだった。
ホワイトライオンはダルダル状態〜。

クリックすると元のサイズで表示します

片や、ホワイトタイガーは木の上で爆睡中。
あらら、肉球丸出し〜。
この思い切りな無防備さに思わず苦笑。

クリックすると元のサイズで表示します

帰国する日の前日の夕方
THE MIRAGE のメイン・エントランス近くにひとりで行ってみた。
そこにもトラが公開されているスペースがあるのだ。

一日のうち決まった時刻に何回かのお出ましがある。
初め同行のNさんと観た時には
ほとんど動かなかったトラちゃんだったが
この日はウロウロと歩き回って、ベロまで出してくれた(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

公開時間終了間際には泳いでくれたりして
なんとサービス精神旺盛なコなのだろう!
(ん?まさかそんなわけないよね・・・あはは)
ガラス越しに観ていた観光客たちは大喜びで
トラが悠々と泳ぐ姿をカメラに収めていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ところでワタシの夢のひとつに
”トラを枕にして寝る”というのがあるけれど
今のところ夢のままで終わりそう。
でもそれではつまらないので
たまにションタロで試してみるのだが
そのたび彼には嫌がられている。
甚だ迷惑な飼い主なのであった(爆)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ