2007/6/22

ポールを愛してる?  Paul McCartney

「Memory Almost Full」というアルバムは
前作「Chaos and Creation in the Backyard」に比べ
所謂”ポール・ファン”と呼ばれている人たちには
概ね評判が良いようである。

しかし「Chaos・・・」だって良いアルバムだった。
プロデューサーであったナイジェル・ゴドリッチに
高度な要求を出されながらも
ポールは頑張ってそれに応え
とても完成度の高いアルバムとなって結実した。

だからワタシは「Chaos・・・」も好きだ。
それに何たってポールが作ったアルバムだから
嫌いだなんてことはあり得ない。

だけど最近一部に
「Memory Almost Full」を引き合いに出し
「Chaos and Creation in the Backyard」を
”暗い”とか”駄作”とか”ポールらしくない”
という見方をする人がいるらしい。

そりゃあ人それぞれ好みってもんがあるし
意見もいろいろだろうけど
そんなに否定的に言ってしまったら
ポールがかわいそうなんじゃないかな。

ワタシはただただポールが大好きだから
例え”駄作”であったとしても
(個人的にはポールに駄作はないと信じてる)
その中に良いトコロはないかって
一生懸命探しちゃうと思う。

皆さん、ポールを愛してますか?


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ