2007/7/15

ショーンの気持ち  

ショーンにとって
ケージの中でバタバタ・コロコロ遊びまくるキースは
ほとんど理解不能で恐怖さえ覚える「悪魔のような」存在か・・・
と思っていたけれど、少し状況が変化してきた。

ショーンがだんだんとキースに興味を持ち始めたのだ。
自分からキースのいるケージに近づき
じっと見ていることが多くなった。

そんな時にキースが
ケージの隙間から猫パンチしようとしても涼しい顔のショーン。

おおお!
これは良いことかも。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ