2007/9/10

1993年ロンドン滞在記B  

9月10日(金)
夜中暑かったせいかよく眠れず変な夢ばかり見る。
明け方から頭痛と動悸がして調子が悪くなった。
今日は天気も悪いので
朝食をとってから部屋に戻って様子をみることにした。

ホテルの朝食はとても美味しかった。
ただしワタシは頭がふらふらしてやっぱりいまいち。
部屋に戻って昼頃まで寝た。
薬を飲んだせいか、その後は少し回復してきた。
それから天気も朝よりは良くなったので出かけることにした。

13:00頃ホテルを出て地下鉄でアールズ・コートへ行く。
出口の目の前が明日からのコンサート会場の
”アールズ・コート・エキシビジョン・センター”だった。
日本人らしき女性がふたり、目についた。

警備のお兄さんにことわってポールのポスターの前で写真を撮った。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきの女性ふたり組は後から来た男性と中へ入って行った。
男性は1990年にリバプールで会ったOさんのようだった。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちは中へなど入れないので(ただ単に勇気がなかっただけ)
それから引き上げた。

地下鉄でレスター・スクエアに行きバークレー銀行で両替後
トテナム・コート・ロードまで歩き
”ビニール・エクスペリエンス”に行く。
レコードをたくさん買い込んだが他に
ゴールド・パーロフォンのステレオ盤「Please Please Me」
(ビートルズのデビュー盤で一番貴重なLP、かなりのレアもの)
が£1500で出ていたのでちょっと見せてもらった。
でもジャケットにセロハンテープの跡があり、いまいちだった。

他の店にも寄って少しレコードを買った。
レコードがたくさんになって持ちにくかったので
ヴァージン・メガ・ストアでレコード・バッグを買った。
ついでに2階のカフェ”Vogue(ボーグ)”で
アイスコーヒーを飲んでひと休みした。
それからオックスフォード・ストリートまで歩いた。
途中HMVも覗いてみたが目ぼしいものはなかった。

地下鉄でヴィクトリアに戻り
ツーリスト・インフォメーション・センターで絵葉書を買った。
今夜の食料を24時間営業の店で仕入れ
ついでに駅の中のパイ店でパイやドーナツを買いホテルへ戻った。

元気一杯とはいかないが少しずつ調子が戻ってきた。

**********

ちょっと疲れが出てしまった感のある3日目。
しかし日程に余裕があったお陰で切り抜けられた。

この日、アールズ・コートで見かけた日本人女性のうちのひとりと
数年後に知り合うことになるとは・・・当時は想像もしていなかった。
人と人との縁とは不思議なものだ。

それにしても買い物しまくり。
まぁ、それも渡英目的のひとつだったわけだけど
自分で読んでいても呆れる。
その呆れさ加減は今もずっと続いているのがコワイ(汗)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ