2005/5/24

5th Anniversary Party  LOVE PSYCHEDELICO

7か月ぶりの生デリコ!待ってたよ〜!
仕事を終えて横浜ブリッツまで一直線〜〜!

ブリッツは小さめのライブ専用ホール。
後ろの方はフロアより一段高くなっていてわりと観やすい。
オールスタンディングの3時間そこで頑張った。

ステージ開始前ホール内に流れていたのは何とすべて
ジョンのソロ・ナンバー。

Happy Xmas (War Is Over)
Imagine
Jealous Guy
Stand By Me
(Just Like) Starting Over
Woman
I'm Losing You
Beautiful Boy (Darling Boy)

もうこれだけで大感激!
ううっ、ポール系Tシャツ着ていったのは失敗だった。
そして何と何とオープニングナンバーの前にはこの曲。

Give Peace A Chance

これが合唱せずにいられるだろうか?
しかし歌っていたのは周りを見回してもワタシだけ。
デリコのジョンへのトリビュートぶりは凄いのに
ファンはそれをわかっているのだろうかと
ちょっと心配になった・・・まぁしょーがないか。

さて、デリコのライブはさらにパワーアップされていて
思わぬアレンジから始まる曲あり
よりロック色を強めた曲あり
練りに練られた内容で期待以上のものだった。
そしてKUMIの伸びのあるヴォーカルはいつものように
素晴らしかった。

ライブも後半の頃、ギターのNAOKIが
「今夜はホントに楽しいよ!!」とひと言。
それは観客へのお世辞などではなく
彼の本当の気持ちだったのだと思う。
だってライブからそれがビシビシ伝わってきたから。

そしてライブが終わった後に流れてきたのは
やはりジョンの

Power To The Peple

やっぱり最後までジョンに拘ったデリコ。
ベタだと言われるかもしれないけど
ワタシは物凄く嬉しかった。
だから好きなんだよ〜デリコが。

帰り道はもう足腰ガタガタ。
歳には勝てないなぁ〜トホホ。

27日の武道館はデリコにとって特別な夜になるだろう。
残念ながらワタシは行けないけど
きっとジョンが天から観てくれてると思いたい。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ