2006/4/27

EARTHDAY LOVE PSYCHEDELICO feat.HONESTY, LASVEGAS  LOVE PSYCHEDELICO

先週の土曜日、代々木公園のアース・デイ・コンサートで
”Help!”を歌ったラブ・サイケデリコ。
今夜は渋谷 AX で彼らのライブを観た。

ライブにはデリコのバック・バンドでベースを弾いている
高桑圭さんのプロジェクト HONESTY と
同じくドラムを叩いている白根賢一さんのプロジェクト LASVEGAS
も出演し、賑やかな夜となった。

ライブ開始までの間、場内に流れていたのは
フォーク・ロック系の曲たち。
今回はタイトルがわからない曲が多かった中で
唯一わかったのがスティーブ・ミラー・バンドの”The Joker”
この曲は大好きだったなぁ!
スティーブ・ミラーはポール・マッカートニーと共演してる人だし
嬉しかったよ〜。

オープニングにはやはりデリコが登場
20分ほどパフォーマンス。
”Like A Rolling Stone”を歌うKUMI は超カッコ良かった。

彼女のボーカルには
男性のようなロック心が溢れてるのを感じるが
日本的なしなやかさと繊細な女性らしさも備えていて
何と言えば良いのだろう・・・不思議な魅力があるのだよね。

その後、場内が暗くなり
ステージ真上のミラー・ボールが輝き出して LASVEGAS だ。
ライブ・ハウスは一転、クラブと化した。
こういうコンピュータ・ミュージックは
今まであまり得意ではないと思い込んでいたけれど
生でライブ体験したら、意外にキモチ良いものだった。
どんどんキモチ良くなってしまったワタシは
立ったまま眠りそうになったくらい。

次の HONESTY が出てくるまでの間
場内に流れていた曲は
ジョージ・ハリスンの”When We Was Fab”
ローリング・ストーンズの”Gimme Shelter”
これでまた良い気分になっていたところ突然あの曲が!
トラベリング・ウィルベリーズの”Handle With Care”
おぉぉ〜デリコはトラベリング・ウィルベリーズも好きなのかぁ。
何だか大感激してしまった・・・。

HONESTY は70年代っぽいサウンドのバンド。
デリコのバンドでベース担当の高桑圭さんがいるが
ワタシは密かにこの高桑さんのファンなのである。
ベースがカッコ良いのはもちろん
背が高くてロングヘアに帽子の似合う
鑑定団風に言えば「姿が良いですねぇ〜」(爆)
そんな感じのミュージシャンだから。
しばしの時間、高桑さんに集中。
途中、デリコの NAOKI もギターでジョイント。

そして最後に再び登場したラブ・サイケデリコ。
観客は待ちに待っていたから、そりゃあ盛り上がった。
中でも一番の盛り上がりは”Your Song”
これはやはり名曲だと思う。
「みんな、英語でしゃべらナイト観てる?」
で歌い出したのは”Help!”
ビートルズにトリビュートしていて
ビートルズをよくわかっているデリコが歌うと
アレンジされていても全く抵抗感がない。

アンコールが終わった後、時計は既に22時を回っていたが
場内は再度アンコールを求める声が続いた。
するとステージの照明が明るくなり KUMI と NAOKI が出てきた。
ふたりはもう歌わなかったけれど 珍しくNAOKI が話をし始めた。

ストーンズの上海公演で
中国当局から演奏を止められた曲たちがあったこと。
聴きたい観衆がいるのに歌えないアーティスト。
そのお互いの不幸を憂いていることから話は始まり
皆に音楽でメッセージを送れば世界は変えられると
まるでジョン・レノンを意識したような言葉で締めくくった。

NAOKI の言いたかったことが
若い人たちに上手く伝わっていたら良いなぁ。
帰りがけ、あちこちで「楽しかったね」「良かったね」
と話しながら会場を後にする若者たちを見ながら
心からそう思った。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/24

5th Anniversary Party  LOVE PSYCHEDELICO

7か月ぶりの生デリコ!待ってたよ〜!
仕事を終えて横浜ブリッツまで一直線〜〜!

ブリッツは小さめのライブ専用ホール。
後ろの方はフロアより一段高くなっていてわりと観やすい。
オールスタンディングの3時間そこで頑張った。

ステージ開始前ホール内に流れていたのは何とすべて
ジョンのソロ・ナンバー。

Happy Xmas (War Is Over)
Imagine
Jealous Guy
Stand By Me
(Just Like) Starting Over
Woman
I'm Losing You
Beautiful Boy (Darling Boy)

もうこれだけで大感激!
ううっ、ポール系Tシャツ着ていったのは失敗だった。
そして何と何とオープニングナンバーの前にはこの曲。

Give Peace A Chance

これが合唱せずにいられるだろうか?
しかし歌っていたのは周りを見回してもワタシだけ。
デリコのジョンへのトリビュートぶりは凄いのに
ファンはそれをわかっているのだろうかと
ちょっと心配になった・・・まぁしょーがないか。

さて、デリコのライブはさらにパワーアップされていて
思わぬアレンジから始まる曲あり
よりロック色を強めた曲あり
練りに練られた内容で期待以上のものだった。
そしてKUMIの伸びのあるヴォーカルはいつものように
素晴らしかった。

ライブも後半の頃、ギターのNAOKIが
「今夜はホントに楽しいよ!!」とひと言。
それは観客へのお世辞などではなく
彼の本当の気持ちだったのだと思う。
だってライブからそれがビシビシ伝わってきたから。

そしてライブが終わった後に流れてきたのは
やはりジョンの

Power To The Peple

やっぱり最後までジョンに拘ったデリコ。
ベタだと言われるかもしれないけど
ワタシは物凄く嬉しかった。
だから好きなんだよ〜デリコが。

帰り道はもう足腰ガタガタ。
歳には勝てないなぁ〜トホホ。

27日の武道館はデリコにとって特別な夜になるだろう。
残念ながらワタシは行けないけど
きっとジョンが天から観てくれてると思いたい。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/24

FM LOVEARTH  LOVE PSYCHEDELICO

いよいよ”愛・地球博”が開幕する。
そのオフィシャルラジオステーションがFM LOVEARTHだ。
ラブ・サイケデリコはFM LOVEARTHのイメージソングを歌っている。

この曲は”地球への愛”をコンセプトに作られたとのこと。
タイトルは「エブリワン、エブリワン
メンバーのナオキによれば
「ギブ・ピース・ア・チャンス」にインスパイアされて
できた曲らしい。

聴いてみるとホントにそのまんま。
非常にわかりやすい・・・(笑)
”愛・地球博”の開催中は彼らも何回か会場に足を運ぶそうだ。

自分は環境関係の仕事に携わっているので
”愛・地球博”ちょっと覗いてみたい気もするが
かなり混雑しそうな雰囲気。
やっぱり行けそうもないだろうなぁ・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/2/21

ただのベスト盤じゃない  LOVE PSYCHEDELICO

今まで3枚のアルバムを作ってきたLOVE PSYCHEDELICOが、ついにベスト盤を出した。
Early Timesという題名で新曲も2曲収録。
なぜかジャケはとてもシンプル。でもそれも彼ららしい。
自選のベスト盤ということもあり、いい曲ばかり。
土日と、自宅にいる時はこのCDをエンドレスでかけ続けていた。

彼らの曲はとても心地よく耳に入ってくる。
多分、60年代から70年代ロックの感じがするからだろう。
何しろデビュー曲が「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー」だし。
これはヤバイ。
一瞬、反則だろ〜と思いつつ聴くとギターのリフがまるで昔のアノ曲みたいでなおさら反則なのだ。
でも嫌な感じがしないのは、彼らなりに昔のアノ曲を消化して曲作りをしてるからなんだと思う。

彼らの中にはワタシと同じ血が流れている気がする。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ