2008/4/26


田園調布の某教会で結婚式を挙げ
(披露宴はキライだったのでパス)
同日に婚姻届を出してから
(入籍届ってのは誤りで、正しくは婚姻届)
今日で25年・・・それを”銀婚式”と言うらしい。

一応の区切りだし何にもしないのもつまらないので
いつもは行かないようなお店で食事しようということになり
ワタシの発案で選んだのが、愛宕下の「醍醐」
”ミシュランガイド東京”2つ星の精進料理店である。

なぜこのお店を選んだのかというと答えは簡単。
”ベジタリアン御用達”だから。
つまり、このお店の料理をポール・マッカートニーが
2002年の来日時に食べていたはずだからだ。
(お店でではなくお弁当で食べたと思う)
その後、娘のステラも訪れている。

ワタシら夫婦はベジタリアンじゃないけど
”ポールがらみのお店”と決め込んで(笑)
このお店を選んだわけ。

予約した時間の11時半に間に合うように
東京メトロ神谷町駅から愛宕グリーンヒルズ方面へ向かう。
土曜日、それも午前中なので歩く人も少なく閑散としていた。
グリーンヒルズの角を曲がり道沿いを行くと青松寺というお寺があり
その先に「醍醐」のあるフォレストタワーが見える。

フォレストタワー1階に「醍醐」の表示を見つけ
(行ったことがないのでどこから入るのか、わからず)
その奥に進んで行くと車付け用の入り口に下足番のおじさまがいた。
彼はワタシらを見てすぐに「○○様ですね」
それからエレベーターに案内され2階へ。
お店は2階に位置しているのだ。

靴を脱ぐと仲居さんの案内で座敷に通される。
「本日はようこそいらっしゃいました・・・」などなど
にこやかな笑顔の彼女はとても丁寧に応対してくれた。

その後、小さく可愛い献立表が用意されたが
それには今日の日付とワタシらの名前(苗字)が入っていた。
細やかなサービスである。
献立表の端には楊枝が刺してあり
まるでそれで献立表が留められているようにみえて、面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

「醍醐」の座敷はすべて個室。
料理が出されてから食べている間は
完全にプライベートな空間となる。
精進懐石なので一品ずつ出てくるのだが、そのタイミングは絶妙。
連れ合い曰く「どこかに隠しカメラでもあるのか?」
まさかねぇ。

「今日は銀婚式なのでここに来ました」と言ったら
料理(八寸)に金と銀の小さな折鶴を添えてくれた。
こういう心遣いは嬉しいものだ。
せっかくの折鶴だからちゃんと持って帰ったよ。

前菜、小附、御吸物、お凌ぎ、八寸、煮物、揚物、
強肴、箸洗、御飯、香の物、水の物、甘味

料理は全部と〜っても美味しかった。
肉や魚を使わなくても上質の素材と工夫した料理方法で
こんなに美味しくいただけるなんて素晴らしい。

特に美味しかったのは
”お凌ぎ”手打ち蕎麦。
ふつうの蕎麦よりも細く打たれた麺は
こしがあり、大変に喉ごしが良い。
山葵でなく芥子でいただくのがこのお店ならでは。

クリックすると元のサイズで表示します

それから”煮物”若竹煮。
揚げた若竹が胡麻味噌風味の汁に浸され
その中に若布と分葱が入っている。
シャキッとした歯ざわりでほんのり甘い若竹が絶品だった。
我が家では毎朝若布を食べているけれど
この煮物に入っていた若布はそれとは全く別物。
口に入れる前から磯の香りがするし
ほどよい滑り感もたまらなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

個室の座敷は庭側が一枚ガラスで遮音されているので
(庭に出られず残念だが)ものすごく静か。

クリックすると元のサイズで表示します

ふたりだと多少広めに感じる座敷は贅沢過ぎるくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

一品ずつ運ばれる料理は目で楽しみ、舌で味わう。
しかしそれだけではない。
一品食べ終わった後の満足感と静寂な空間とが
ほどよいバランスで調和した時
ワタシは幸福感でいっぱいになった。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで
精進料理は仏教の禅宗に縁が深いそうだが
禅寺というと「侘びと寂び」
ジョン・レノンはその言葉の意味を理解していたよね。
ポールはわかってないかもだけど・・・
そんなことがふとアタマをよぎった。
帰りには「醍醐」の2階玄関から出た。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから階段を下りると隣の青松寺境内に通じる。
境内には可愛いお釈迦様と象たちの像があった。
(チベットに早く平和が訪れますように)

クリックすると元のサイズで表示します

そして像の下方には蓮の花が浮かんでいた。
今度はジョージ・ハリスンを思い出したが・・・
あっ!リンゴ・スター、いなくてごめんね!


クリックすると元のサイズで表示します
3

2008/2/21


六本木ヒルズに映画を観に行った。
今週で上映終了の「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(Mr.Bean's Holiday)」

ローワン・アトキンソン演じる英国紳士?Mr.ビーンは大好きなキャラ。
このシリーズとしては2本目の映画だけれど、面白さはまぁまぁ。
やはりテレビ・シリーズに勝るものはないみたい。

六本木ヒルズで映画を観る時には
楽しみにしていることがひとつある。
それは、けやき坂にあるお店
ハロッズ ブロンプトン」でランチすること。

ここは英国風のゆったりした雰囲気に
現代的なセンスも取り入れた素敵なお店。

今回は映画を観る前に寄ったのだが
このお店はランチ・タイムが17時までなので
上手くいけば混雑している時間帯を避けて食事ができる。

ワタシが好きなのはベジタリアン・プレート。
ワン・プレートにクスクスサラダ、コールスロー、
キノコソテー、レンズ豆が盛り付けられている。
それと薄切りトースト(ここが英国風!)、スープ。
飲み物は紅茶かコーヒーを選べて、お値段は1000円。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしこの日はいつものベジ・プレートではなく
パンケーキ・セットを注文した。
これは初めて食べたのだけど
グリーン・サラダ、ソーセージ、ベーコン
パンケーキとメープル・ソース
それに3種類のディップみたいなのが
(クリーム・チーズ、サーモン・クリーム・マッシュ・ポテト?だったか)
ワン・プレートに盛り付けてあり、スープも添えてある。
飲み物は紅茶かコーヒーを選べて、お値段は1100円。

もちろん、これも美味しかった!

ところで食事が終わった時
コーヒーを運んで来てくれた女性スタッフさんが
「今日はベジ・プレートにはなさらなかったんですね」
とワタシに声をかけた。
急だったのでちょっと驚いて
「憶えていてくださったんですか?」
と言葉を返すと彼女はキッパリ
「もちろんです!」

そういえば前回に来た時
レジで会話した女性スタッフさんが彼女だったと気が付いた。
あの時にベジ・プレートが好きだと言ったんだっけ。
それにしても1か月に1回
来るか来ないかの客をよく憶えていられるなぁと感心してしまった。

その後、帰りがけに女性スタッフさんが
わざわざお店のドアの外まで見送ってくれたので
このお店がとても気に入っていること
なかなか来れるチャンスがなく残念に思っていること
必ずまた寄りたいと思っていることなど話したところ
「そのお言葉がとても励みになります、またお待ちしています」
と微笑みながら答えてくれた。

こういうスタッフはお店にとって貴重な存在。
客の気持ちを上手く掴んで
それでいて全く嫌味がないからだ。
良い仕事してますねぇ〜彼女!

そんなわけでますます気に入った「ハロッズ ブロンプトン」
一度お試しあれ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/16


日曜の午後、友人Yちゃんと中目黒歩き。

彼女はワタシより一回り以上も年下なんだけど
ワタシよりずっとオトナの感覚を持っているステキなお友だち。
ホントにたまにしか会わないけれど
彼女とは波長が合うのか
いつもゆったりとした時間が過ごせる。

そんなYちゃんが教えてくれた「青家
住宅街の中に民家を改装したお店がポツリ。
昼のランチは京風のお料理。
カフェで利用もできて、甘味もある。

ご飯は玄米か五穀米をチョイス。
五穀米は甘くて美味しかったな。

スタッフは若い人たちばかり。
自然なものを使って手の込んだ作り方をしているそうだ。
そのうちまた訪れてみたいお店だった。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/1/6

お好み焼せんべえ  おいしいお店・おいしいもの

職場の後輩に頼んで買って来てもらったお好み焼せんべえ。
チープな味がたまらない。

正式名称はズバリ「お好み焼」
箱の中にはひと口サイズのパック入りが2種類。
”マヨネーズ焼きせんべえ”と”キャベツ焼きせんべえ”

クリックすると元のサイズで表示します

以前、後輩が大阪に遊びに行ったおみやげでもらったのだが
あまり期待しないで(失礼!)口に入れたところが Oh!My God!
風味はまるでお好み焼そのまんまでビックリ。

今回は後輩が、大阪に単身赴任していらっしゃるお父様あて
年末帰京の際に買って来てと頼んでくれたらしい。
ワタシには良い後輩がいてシアワセである、よしよし。

これを作っているのは大阪の味本舗という会社。
調べてみると「ねぎ焼」なんて商品もある。
気になるなぁ。

それにしてもパッケージが思い切り、阪神タイガース・カラー。
このコテコテさも大阪ならでは。

大阪にはライブのためだけでしか行ったことがない。
いつの日か純粋な?大阪食い倒れツアーに行きたいものだ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/12/25


今日のクリスマス・ケーキは自由が丘ロール屋「ノエル・フレーズ」
苺とカスタード・クリームと生クリームのロール・ケーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

ハーフ・サイズで注文したから、すぐにペロリ。
新鮮な苺にとろけるようなカスタード・クリーム。
それを包むフワフワの生クリームとキメの細かいロール生地。
美味しかったなぁ。

ところで自由が丘ロール屋はケーキの箱がカワイイ。
捨ててしまうのが惜しい感じの箱はこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな訳で3連休は甘いものづくしだった。
0

2005/12/24

クリスマス・イブ  おいしいお店・おいしいもの

12月からお正月にかけてはダイエット無用。
普段は控えめにしているケーキだけど今日も明日も食べるぞ!

夕方、自由が丘モンサンクレール
予約していたクリスマス・ケーキを取りに行ったところ
イブと土曜日が重なったせいか予約したにもかかわらず
引き取りに45分かかった。
混むかなぁと思っていたけど、今年は特別な混雑ぶり。
でも美味しいものが食べられると思えば寒さも何のその。
注文したケーキは「ノエル・キャラメル・ショコラ」

クリックすると元のサイズで表示します

ケーキの中はキャラメル・ソースとカスタード・ソースの
絶妙なコンビネーション。
美味し過ぎ〜。
(ところどころ穴が空いているのはろうそくを刺した跡)

そしてお酒の飲めないワタシでも美味しく飲める
スパークリング・ワイン「ベルサーノ アスティ・スプマンテ」
ソムリエ田崎真也さんが”メロンパンに合うワイン”と言った1本。
アスティ・スプマンテとは北イタリア・ピエモンテ州にある小さな町
アスティ地区で造られたスパークリング・ワインのこと。

ベルサーノ社のアスティ・スプマンテは
マスカットの香りがとても良く口当たりも軽い。
フルーティな甘みがお酒であることを忘れそう。
思わずワイングラスに半分くらい飲んで真っ赤〜。
あぁ〜真っ赤ートニー(意味不明・・・爆)
またまたシアワセなワタシであった。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/12/23

クリスマスのシュトーレン  おいしいお店・おいしいもの

お遣い物を買うため自由が丘のモンサンクレールへ。

店内にはクリスマス用のお菓子がぎっしり。
その中でひときわ目を引くのがシュトーレン。
あぁ、シュトーレンがワタシを呼んでいるぅ〜。
お遣い物の他に、結局1個お買い上げ(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

シュトーレンはドイツ発祥のお菓子。
固いパウンドケーキのような感じで中にはドライフルーツがたっぷり。
ケーキの周りはお砂糖で固められている。
クリスマス頃に一番美味しくいただけるそうだ。

モンサンクレールのシュトーレンはとても小ぶり。
でもずっしりと重みがあって美味しさが凝縮されている。
紅茶を飲みながら少しずつ味わう。
あぁ、とてもシアワセ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/27

ミュージアム・カフェ  おいしいお店・おいしいもの

さいたまスーパーアリーナに行った時よく寄るのが
ジョン・レノン・ミュージアムに隣接している
ミュージアム・カフェ

ジョンはジタンが好きだったと言う。
(晩年は喫煙してたのかどうかよくわからないが)
現在カフェは健康増進法の施行により全面禁煙になっている。
嫌煙者には嬉しいが、喫煙者には悲しい。
これも時代の流れで仕方ないことだと思うけど
ジョンはどう思うかな。

平日午後のミュージアム・カフェは空いているので
ゆったりできる。
店内に流れるビートルズやジョンの曲を聴きながら。

昨日食べたのは「気まぐれシェフのワン・プレート」
スープ・サラダ・サンドウィッチが一皿に乗っている。
日によって内容は変わるらしい。
この日は
クラムチャウダー・野菜サラダ・ベーコンとオイルサーディンのサンド。
サラダの野菜が甘くてとても美味しかった。

サンドウィッチのパンは外がカリッと、中はふんわり。
ベーコンはやや厚切りなところが GOOD である。
赤ピーマンやかぼちゃもほどよく炒めてあって
小ぶりなサンドウィッチながらもボリューム感があった。
もちろんクラムチャウダーも美味だった。

ジョンが好きだったと言うロイヤルミルク・ティー。
食後に飲もうかと思っていたが
お腹がいっぱいになってしまったので、また次回ね。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/23

誕生日のケーキ  おいしいお店・おいしいもの

夫にリクエストしたら誕生日のケーキをご馳走してくれた。
自由が丘ロール屋」マロンのロールケーキ。

食べる前から絶対に美味しいのはわかっていたけど
口の中にふわ〜っと広がるマロンの風味は思っていた以上に絶妙。
さすがである。

やはり自由が丘にある「モンサンクレール」のパティシエ
辻口博啓さんが開いたロールケーキ専門店が
「自由が丘ロール屋」だ。
小さいお店だがいつも大人気。
オープンの時には頑張って並んで買った。
その時に菓子職人の格好のまま出てきて
長蛇の列の客たちに向かって深々と頭を下げていた辻口さん。
とても印象的な光景だった。

今回のロールケーキはハーフサイズ。
ふたりで食べるならこのくらいで充分。
味に深みがあるからこれで満足できちゃうのだ。

さて、次に食べられるのはクリスマスの時かな。
うしし。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/14


ん〜〜〜激ウマ。
ハロッズのティー・ゼリー、ミルクティー味は最高に美味しい。

ハロッズ一番の人気ブレンド「14」を使ったこのゼリー
夏にお店に行った時は売り切れていたので
代わりに同じ「14」を使ったストレート味を買って来た。
それも美味しかったんだけど
一度だけ、それもちょっとだけ試食したミルクティー味が
忘れられなかった。

秋になったからそろそろ大丈夫かなぁと思い
お店に行ったらついに買えたミルクティー・ゼリー。
つるんとしててなめらか、ミルクティーの風味が
口の中にじわ〜っと広がって、至福の美味しさ。

何個も買ってくると有難味がなくなるので
今回は1個だけにした。
ん〜〜〜でもホントはもっと食べた〜い(爆)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/8/29


近頃流行ってるジンギスカン。
何年か前は都内に数軒しかなかったジンギスカン専門店も
現在はブームに乗って雨後のタケノコのように増殖中。
東京ジンギス倶楽部のサイトでもそれは確認できる。

ポール・マッカートニーはスコットランドの野原で遊ぶ
子羊を見ているうちベジタリアンになることを決意したと言うが
彼のファンであってもこれについてはどうしても
同じようにすることはできなかったな。
だっておいしいんだも〜ん、ラムとマトン。
羊くんたちゴメンね。

というわけで、たまにジンギスカン専門店に行く。
自宅でラムやマトンを食べることもあるが
残念ながらジンギスカン鍋がないので
ホットプレートでフツーの焼肉のように焼いている。
これでも結構おいしい。

ラムは子羊の肉、マトンは成羊の肉。
どちらかと言えばちょっとクセのあるマトンの方が好き。

最近は居酒屋などでもジンギスカン風のメニューがあるし
スーパーマーケットでも羊肉を置く店も出てきた。
多分お決まりのブームで終わるのだろうけど
しばらくは楽しめそうである。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/29

金沢八景から横須賀へ  おいしいお店・おいしいもの

友人が入院、手術したので
金沢八景近くの病院までお見舞いに行った。
その帰りに金沢漁港まで足を延ばす。


クリックすると元のサイズで表示します

遠くに見える白いモノは「横浜・八景島シーパラダイス」
のジェットコースター”サーフ・コースター
ワタシはこの種のモノは全然得意じゃないので一生乗らないと思う。

で、せっかくここまで来たので横須賀まで行くことに。
横須賀はやはり米軍基地の街だ。
夕方の繁華街にはたくさんの米国軍関係者と思われる人たちが
たむろしていた。
たまたまジョンのWAR IS OVER Tシャツ着てたワタシは
ちょっと複雑な心境だったな。

その後美味しいホルモン焼き屋さんでひと休み。
ウナギの寝床みたいな店内には靴を脱いで上がる。
4人テーブルが5か所くらいとカウンタがある。
この日は大型連休のためかあまりお客さんはいなかった。

ホルモン焼き屋と言いながら始めに注文したのは厚揚。
普段は売り切れのことが多いと言うので頼んでみたところ
今日はあった〜ラッキー!

出て来たのは何の変哲もない厚揚。
何とその厚揚がこの日最後の厚揚だった。
何だよ〜ホントはただ仕入れてないだけじゃんかよ〜(苦笑)
でも美味しかった!

お酒飲めないけどホルモン焼きは大好きだー。
また行きたいぞ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/25


土日といいお天気だったのに月曜の朝はまた雨っぽかった。
やだなぁ・・・仕事行きたくなくなる。
お昼には回復したけどとっても暗いニュースを聞いてしまった。
JR宝塚線鉄道事故で多数の犠牲者・・・ご冥福をお祈りします。

そんな時でも食欲のあるワタシをお許しください!
今日は近所の「三ちゃん食堂」で夕食。

ここは安い! うまい! 早い!が売りの食堂。
そう、まさに”食堂”なのだ。
全然オシャレじゃない。
お店に入るとテーブルがダーッと並んでいる。
そして大画面のテレビが一台置いてある。
お客さんのほとんどは相席だけど仲間同士は固まって座る。
食事だけの人もいれば一杯やってる人もいる。

お客さんは老若男女いろいろ。
みんな思い思いに時間を過ごして出て行く。
入れ替わり立ち代りやって来るのでとても活気がある。

ただし美味しいグルメを想像してはいけない。
でも安いからその分美味しく感じる。
ワタシの好物は塩やきそば480円ナリ。
他にもたくさんメニューがあって注文するとすぐ出てくる。
お酒を飲んでお腹いっぱい食べてもひとり2000円ちょっとかな。

超ジモティなネタですみません。
だけどわざわざ電車に乗って食べに来る人もいるらしい。
何となく懐かしい雰囲気がするからだろうか。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/4


1週間が何とか終わった金曜の夜はホッとして気が緩む。
そのうえ残業もないとなれば即「何かウマイ物食べよう!」ということになる。

そんなわけで行ったのが職場近くのビストロ。
関西系のMother Moon Cafe系列店である。
夜になると店内の明かりが落ちて、
なかなかいい雰囲気。

ランチにはたまに来ていたが(このランチも美味しい)
色んなメニューを食べたのは初めてだった。
美味しかったのは・・・

”マッシュルームとガーリックのトルティーヤピザ”
マッシュルームとゴルゴンゾーラチーズのいい香り!

”焼きリゾット〜マッシュルームとジャガイモのソテー添え”
ちょっぴり焦げ目をつけたリゾットがGood

”海老とビーンズのバジルクリームソーススパゲティ”
プリプリの海老とレンズ豆の相性が抜群
また食べたくなるバジルクリームは超オススメ

最後はケーキも食べてしまった。
おい、食べ過ぎだろ〜。
だけどこれがまたまた美味なのです、一度お試しあれ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/2/26


今夜は二子玉川AEN GRANDEでお食事会。
ちょっと早いがダンナの誕生日祝い(ワタシの給料アップ祝いもついでに・・笑)ということで予約して行った。

電話で予約時に個室をお願いしていた。
店に入るとすぐウェイティングスペースみたいな所があって、
個室まで案内される間に梅酒かお茶がいただける。
ここでかなりお客さま気分になれる。

個室も落ち着いた空間でゆっくり食事ができた。
料理は和洋取り混ぜてあって特に野菜が美味しい。
それに刺身も牛肉もなかなかのものだった。

「サラダ椎茸」というのがステーキの付け合せに出たのだが、
マッシュルームより少し小さめのもので軽くソテーしてあった。
これは初めて食べた。美味しかった。

デザートはプチケーキとアイスクリームの盛り合わせが中心。
ふたりとも内容の異なるお皿がそれぞれ用意されていたので、
全部半分ずつにして食べた(笑)
ダンナのお皿に乗っていた豆乳なめらかプリンが美味〜。

夫婦だけでいると会話が続かないので(苦笑)
滅多にこんな店には行かないけれど、
今日は3時間楽しめました。
yummy!yummy!


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ