Capriccio

♪クラシック音楽の演奏会 覚え書きと感想など♪
from sweetbrier's Partita  since 2006

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sweetbrier
Niklaus Vogelさん、いらっしゃいませ♪
こちらも読んでくださってコメントありがとうございます。

この出演者、実力派ぞろいなんですね。レ・ヴァン・フランセはいつもこのメンバーのようです。曲目はマニアックですか? おかげで眠らずにすんだのかも…です。ハイドンの曲は、現在演奏されることが少ないそうです。本来は2本のフルートとチェロのための作品だとか。

Niklaus Vogelさんのブログ本館、ベートーヴェンとモーツァルトの五重奏曲を読んできました。よくわからないのですが、レ・ヴァン・フランセはピアノが他の楽器に寄り添ってアンサンブルの背景を為している感じ、甘い旋律で、、、そんな印象を持ちました。

> ベートーヴェンのピアノ五重奏曲は、あまりにモーツァルトを意識しているような気がしてなりません。

室内楽をたくさん聴いて、こういうことに気づくようになりたいです! またよろしくお願いします。

http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/
投稿者:Niklaus Vogel
sweetbrierさん、こんばんは!
演奏者の顔ぶれを見て驚きました。パユ、ルルー、ヴラトコヴィチとドイツ一流のオーケストラの首席奏者が顔を揃えているのですから。
それにしても、なんと本格的(マニアック?!)なプログラムでしょう。ケージとハイドンの曲は聞いたことがありませんが、ベートーヴェンのピアノ五重奏曲の後に、プーランクの六重奏曲とは!
なお、ベートーヴェンのピアノ五重奏曲は、あまりにモーツァルトを意識しているような気がしてなりません。(←これ、先月の「時々ベートーヴェン」で書いたかもしれません…。繰り返しでしたらごめんなさいm(_ _)m)

http://yaplog.jp/niklausvogel/

Partita(sweetbrier's diary)

FIESTA!(洋舞公演の感想)

QRコード

最近のトラックバック

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ