2010/6/4  16:28

阪下2:目線の先の景色  練習日記・レース系

昨日の阪下は、要所・要所れている感じでした。

EDコースの岩盤下りだとか、
MXコース(旧)の中段からのストレート下りに、
ゴロゴロと「これでもか」が落ちていました。

だけどカラダがくならないように、
少しを引いたりして「平気なふり」をすると、
マシンがちゃんと走ってくれます。

平気な「ふり」とか「つもり」って、大事

     

ワタシの苦手な「シケイン」も、



入り口から、んもう〜ゴロゴロと石だらけ

2回目のチャレンジで、
まぐれ的に通過したのは良かったんです。

出口までアクセルを戻さないよう気をつけた結果、
勢いあまって第一・左コーナーまで激走(自社比)

☆ブワーッと!クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に第一コーナーのてっぺん(外側)まで上り、
「あかん!曲がらな、あかん!」
慌ててを向いたら・・・、

うわぁ〜こうなってたんや!!

外側のラインから見ると
コーナー全体がちゃんと見渡せて、
とっても新鮮でした。

     

これまで、なんぼほど「下」を見て、走っていたのか

そのコーナーはど真ん中に、イヤラシイ砂利がいっぱいなので、
ワタシのはいつもそこを見ていたと思います。
イメトレをしても、頭の中に「ジャリ」が思い浮かぶくらい^^;。

     

次はいちばん外側にまた行ける様に、
あと、インベタなところも、ってみよう。
(↑忘れないように書くワタシ^^;)

フロントタイヤの先の、ジャリを見ないように!


たぶんつづく

☆こうやって見ると大きい気がしますが、小さめなほうです。
 シニサロのギアバッグ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ