2013/11/28  15:59

SUGO2:RM85でスタートラインに立つ!  練習日記・レース系

まずはSUGO2DaysエンデューロのWebページにある「参加マニュアル」をプリントアウトし、
一行ずつ読み、用意するものをピックアップして行きました。

いよいよ、まる感じ!!

規則上で、マシンに直接関係があったのは、以下の3点。

@フロントゼッケンはライト式となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

これは義務でなく「推奨」
マニュアルによると、「雑誌などでEDと分かるように」付けるだけなので、点灯はしなくてよいのだそうです。


A中古のサイクルメーターを取付けました。
クリックすると元のサイズで表示します
スポーツランド菅生はクローズドのコースですが、レース中、場内のスピード規制がある為。ウィンカーなど他の保安部品は不要でした。


そして最後の最後まで残ったのが、Bタイヤの問題でした。


フロントタイヤは、規則では自由。

ただしリヤタイヤについては
「エンデューロタイヤ。ブロック高13mm以下の市販品」と書いてありました。

     

結論から言うと、

「今履いているモトクロスタイヤでかまいませんよ」、という返答を競技責任者の方から頂き、

BGEOMAX MX51のままで参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに、問い合わせる前にブロック高を測ってみると、12.6ミリでした。

RM85のようなミニサイズには適合するエンデューロタイヤが無いということと、
ワタシの出た「承認クラス」と「全日本クラス」では、適用するレギュレーションの厳しさも違うようです。

     

さて、規則以外の対策として、

足つきを重視するため、以前、「鬼のあんこ抜き」をしてもらった「ほとんど板状シート」をひっぱり出してきて、そのままだとお尻が痛すぎるので、少〜しスポンジを盛ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します


あと、9月のロクフェスでクランクケースカバーを突き破り、吹っ飛んで行ってしまった「フライホイールのウェイト」を、また作ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
☆これは、飛んでったヤツ(笑)。

     

てんちょ「足つき」「ウェイト」の用意を当然のように勧めてくれるので、なんとなくイヤな予感がしてきました。

ほんとに大丈夫なのかワタシ・・・。

「SUGO3:テストにたどり着かない?!」につづく

クリックすると元のサイズで表示します
☆「スタートラインに立った!」おやじちゃん画像より。ありがとう!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ