2005/9/27

パリ郊外 Etampes近く [1]  管理釣り場 FF Fields 1
初めてやってきたこの管理釣り場Les Sources d’Eclimontは、パリから南へで1時間強。パリとオルレアンOrléansのほぼ中間地点にある。

細い坂道を下るアプローチを降りきると、養魚場隣接の小さなフライフィッシング専用管理釣り場が現れる。養魚エリアの柵の中で、獰猛そうな番犬が唸り声をあげて鱒を守っている。営業開始時刻午前9時ちょうど。フランスの管理釣り場は始業が朝8時とか9時とか結構遅いのが多い。オーナー兼管理者は、不在。常連らしい他の釣り人と言葉を交わすと、狩猟に出かけたと言う。そういえば、隣接の森を抜ける際、入り口付近で猟犬を伴い猟銃を携えた数人を見かけた。前日予約してあるから、後刻、釣り人が揃った頃に顔を出すのだろう。

それでは始めるとしよう。いくつかの透明度の高い浅い池がいくつか並んでいる。魚影はクッキリハッキリ、大から小まで。しばらくして、アタったがすぐバラシ。透明で流れがないから、向こうからこちらの様子が丸見え。再びバラシ、そのうちアタリもなくなり、なんかまずいムードに・・・。これはシブイ。そのうちに通り雨が行き過ぎていった。でも天気は良くなるのか悪くなるのかハッキリしない。こちらも戦略がはっきりしない。彼方で、猟銃を撃つ音がパーンパーンと何度もこだましている。

そしてもっとまずいことには、ハラヘリになってきてしまった。朝、食料調達をし損ねたまま到着してしまったのであった。いらつきをコントロールするべく、例の非常食を取り出す。ついにヒットするも、ああ、またやってしまった・・・。サイズはそう大きくないように見えたのに、思いの外グンときてあっけなくニンフを取られた。もうガックリ。

予約は昼まで、焦る。フライをベージュのストリーマーに変えてみる。オリーブはそれなりに見に来るものの食わなかったのだ。この釣り場、ストリーマーは午前中のみ使用可という規則。おっ、いいところにキャストできたな、と引き始めたらガツーンときた。デカイ。丸見えなためティペットは6xをつけていた。切られてはいけない!が、今度は切られた。・・・。

続く・・・。
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ