2006/6/27

アルプス地方 シェラン川 [5]   自然渓流 FF Fields 2
駐車場前は、プールそして落ち込みと続いている。先行したガイド氏が、大丈夫、ライズがある、と嬉しそうに振り返る。岩のまわりで、あまりハッチも無いまま、あちこちでライズが始まり、暗くなるにしたがって増えていく。この間、もちろん私は竿を振っているわけである。しかし、全くかかからない。パシャッとはくるのであるがアワセられない。10回、20回・・・。動揺してきて、もう早過ぎるのか遅すぎるのかもわからない。日が落ちてきて目ももう効かない。アタリも取れない。

もっとピシッと竿を立ててとかナントカ、ガイド氏が傍らで助言するが半分くらいしか耳に入らず、入っても実行がままならない。最後の最後、ガイド氏がなんとか釣らせようと最後の手段、竿に手を添えた途端にフッキング。さすがプロだ・・・。30cmは欠けるであろう、ゼブラトラウトだった。生まれて初めてのゼブレ(ゼブラトラウト)。でもこれは、彼が釣ったのだ。私じゃない。もうちょっと違う形でお会いしたかったよ・・・。

悪夢のような戦いは終わった。それでもこんな美しい魚に会わせてくれたガイド氏に感謝。そして、こんなにいっぱい鱒を用意してくれたのに力量不足で申し訳ない思い。それにしてもどうして・・・と、頭の整理がつかぬままフィールドを後にした。

続く・・・。
0

2006/6/27  22:05

投稿者:flyfishingfrance(fff)
ケンフラさん ようこそ! 
当日記の情報がきっかけで釣行されるとはなんとも嬉しい限りです。アンデル川で是非、私の仇をとってきてください。

2006/6/27  21:03

投稿者:ケンフラ
先日メールしましたケンフラです。
ノルマンディーの情報色々有り難う御座いました。
実はお陰様で明日アンデルに行くことになりました。
今回フランスでの釣りは初めてと言う事でガイドさんを御願いしました。19:00からのイブニング狙いです。
またそのうち釣果報告しますネ。
アルプス地方も何時か行ってみたいと思います。
そのときはまた色々教えて下さい。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ