2007/4/2

パリの水道水  旅便利帳 Travel Tips
パリの水道水は、飲料水として利用は可能ではあるものの、質はどうもよろしくない。飲めると言っても、長きに亘って継続して飲み続けるとカルキが体内に堆積して象足病になりやすいとも聞き、そうなるとマズイだけでは済まされない。確かに、少し前までフランスでは象足の高齢者をよく見かけた。幸いフランスには美味しいミネラルウォーターが多種あるので飲むほうはそれで良いのだが、飲用の他にちょっとした食用(料理用)にもBRITAブリタ(濾過器)を使う人が多い。

そして水質でさらに困るのが、入浴。自分は毎晩湯舟に首までつからないと快眠できず、パリで長湯を長期間続けると痒くなったり、悪くするとかぶれたりが始まって医者の世話にもなる事態もかつて発生。毎日風呂にはいるわけではなくシャワーで済ませることも多いパリジャンでも同様の悩みを持つ人がとても多いそうだ。なるほど、パリの薬局に温泉水製品が溢れているのはそういうわけであった。パリに長期滞在する方はちょっとご注意を。

クリックすると元のサイズで表示します私も、入浴剤のほか、その後は温泉水の入浴洗浄剤や保湿クリーム等を常用。体質にもよろうが、ややアレルギー体質気味の私が落ち着いたのは、Saint Gervaisサン・ジェルヴェ、ご参考までに。


0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ