2007/4/23

ブルゴーニュ地方 ディジョンDijon近く  管理釣り場 FF Fields 1
ブルゴーニュ地方で、再びボーズ!って喜んではいられないのだが。

以前からマークしていたディジョン近くのフライフィッシング専用管理釣り場Domaine la Ronde de l'Ile。電話でオーナー氏に前日TELし予約。わかりにくいから釣り場管理者が迎えにきてくれるというので、オーナー氏の指示通り最寄りの町Is sur Tilleに赴く。行ってみると、そこから距離は近いが確かに入り口には看板らしいものもない。

着いてみると、1名の先客あり。常連(年券ホルダー)だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します管理人氏が案内してくれる。渓流部分と、渓流から水をひいた池の部分から構成されていて、透明度が高い。英国のチョークストリームをも彷彿とさせる。ハッキリクッキリ見える魚影は、大変立派。胸が高鳴る。でも、こんなに良く見える魚を釣れるだろうか?との懸念どおり、釣れなかった。常連の先行者のおっしゃる通り、極めてスプーキー。しかし、美しい・・・。L’Ignonイニョン川の渓流部分は野生魚のみ。池の部分には、放流のレインボートラウトもいる。


クリックすると元のサイズで表示します 山羊の仲良しカップルが見学に来る。まだ、釣れないの・・・?と、同情しきり。黒山羊さんのほうは木の幹に登るのが好きだ(写真左端の木)。

渓流部分は水際に藪がかかっているところが多く、ルアーフィッシングを知らない私でも思わずルアーを投げたくなる。

陽が高くなって、ジリジリになってくる。Bの文字が見えてきて暑さに負けて気合いがはいらず。シャレーで持参のカップ麺をモグモグ。とても清潔に掃除してあって、お茶類は用意してあるし、電気は通っていないがガスコンロがあってお湯を沸かせる。

モグモグしながら拒否していた現実も徐々に受け入れ、それでも帰り際、最後の足掻きで出入り口付近の自然渓流で竿を振る。と、オーナー夫妻が様子を見に到着。快晴はともかく風が強いからね・・・などと慰められ、一緒にフィールドに行ってくれようとしたが当方事情はタイムアップのため、納竿。前日のグループが5人で70匹釣ったのだそうだ。あーだからだー、と思いたいところ、だけれど・・・。

このフィールドはノーキル。要予約。人数制限あり。半日料金はないので、半日でも1日料金50ユーロでボーズは重いなあ。でも、50ユーロに十分に値するフィールドと魚影の美しさ。別途、フランスの釣り許可証が必要。先行アングラー氏は、常連とはいえ、もっと早く引き上げながら3尾揚げていた。年券は1,500ユーロ。

オーナー夫人の言うとおり、自然の風情を残す努力がうかがわれる。パリから南東に約330キロ、ディジョンDijonからは北方へ約30キロ弱の清流。しかし、ソーリユーのフライフィッシング専用管理釣り場といい、ここといい、ブルゴーニュのフライフィッシングとは今ひとつイメージがなかったのが、結構いけそう、と考えを新たにした次第。

しかし、4月なのに暑い!魚より人間のこちらのほうが活性低下。まさか、このまま夏までいかないだろうが、ちょっと心配も。朝、夕、日陰は結構涼しいのだけれど。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ