2008/4/25

鱒を食べる [15]   食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します何かと片付かぬこともあり、明日こそ、の釣りも流れ、仕方ないから、恨めしくピレネーの鱒、スモーク・トラウトを食べることにする。

ニッポンでは、解禁早々、まだ雪の残るフィールドにフライフィッシング勇士たちが繰り出すが、フランスは4月にはいっても先日みぞれが降ったりもし、餌釣りアングラーはともかくフライフィッシャーの渓流釣りの始動はそう明らかではないようだ。

フランスのフライフィッシングの出だしが遅いのは、フランスでは多くの川にグレーリングが棲息し、産卵、孵化を終えるまで、立ちこみ禁止、もしくは自粛の習慣があるせいもあるかもしれない。

と、ここ数日、時に冷たい通り雨はあるものの、春を飛び越えて初夏の陽射しを感じることさえあり。現在、気温は18℃(18時)。釣り行きたい。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ