2008/7/18

ブルターニュ地方 カンペール近く オデ河口域 [2]  海フライ Salt Water FF
カンペールからしばらく南下したところで、オデ河畔に出てボートに乗る。まずはちょこっと上流に向かって、カンペールの街を眺望できるところまで行ってみせてくれた。それでは、下流へ。

天気予報は、直前までネガティブだった。午前中にガイドのブルーノさんが天候を確認して電話をくれることになっていたが、朝のうちは雨がしっかり。雨があがり昼近くになって電話あり、無事に決行と知らされ、釣りができるぞぉー。

風は、それでもやはり強い。大西洋に面する南ブルターニュ、聞いていた通り。

下流に向かって、蛇行しながら雄大さを増していくオデ川。最河口のベノデBénodetの町に近づくにつれ、河畔には、瀟洒な館がぽつり、ぽつり。ヨットやクルーザーも増えてくる。オデ川クルーズの観光船もある。なるほど、昼間は人が多くてと言うのは、そういう意味か。

ポイントの見分け方など教えてもらいながらいく。途中、8番ロッドを振ってみる。風裏にボートを流してくれる。大ストリーマー状のフライ。宮古島に続く8番ロッドにも少し慣れたような気がする。いよいよ入手するつもりだ。

ターゲットは、シーバス。アタリが2度あったものの、乗らず。ボラやシャケもいるらしく、バシャッと来ると、あれはサーモンだな、と。

水際をポッパーで狙ってみる。初めてのポッパーは、結構難しい。とたんにキャスティングが崩れる。着水後も、なかなかボコッボコッといってくれない。要練習。

ベノデのハーバーに着いて、夕食のサンドイッチをほおばりながら水面観察。このハーバーの先は直ぐに海が開けており、家族連れ向けのビーチになっている。

続く…。
関連書籍 (フランス・アマゾン)

L'Odet オデ川

*海外アマゾンの買物ヒント*
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ