2005/8/25

ロゼール タルン川 Le Tarn [3] 釣り   自然渓流 FF Fields 2
2匹目もきれいな赤点々のブラウントラウト。生命の危機を感じて、必死に右岸下の窪みに逃げ込んだ。あれこれラインを操作してみるが、貼りついたみたいになって出てこない。結局手で剥がし?た。アドレナリンが出まくった顔をしている。そんなに怯えなくても返してあげるのに・・、とリリース。サイズは、1匹目と同じくらいの20cm前後。とても元気良く、小さいのに頑張りがきくヤツであった。

フライは、フライフィッシング・ガイドお手製のカディス。狐の毛で巻いてあって、良く浮く。結構大きい。小さな鱒でもこのくらい大きさを食うのか・・・。万能フライだそうで、アイスランドもこのパターンで釣ったとのこと。

全部で4匹、まだ続く・・・。
0

2005/8/26  13:23

投稿者:flyfishingfrance(fff)さん
了解しました。もちろんです。ニースの裏というのは、Verdonの近くでしょうか?だとすると、私も関心をもっているエリアで、ターゲットリストにはいっています。

http://diary.jp.aol.com/9amac3eszxeq/

2005/8/26  9:06

投稿者:Brusselsさん
南仏には、ドイツ駐在時代も車を飛ばし、よく行きました。
ニースの裏の渓谷、グランドキャニオンもローカルに教えてもらい行きましたので
大体、どういうところなのかのイメージがわきます。
嫁がフランス、特に南仏が好きなので
今後も行くと思います。大変、興味あるので
4匹目を釣られたレポのあと、ガイドさんなどの
連絡先・手配方法などをご教授いただければ幸甚です。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ