Gakugai-Gijuku:Business School for Open Mind Community

学外疑塾は、奉仕されるのではなく奉仕しようという若者を支援し、進化し続ける私塾実験工房的ビジネススクールです。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:塾頭
「基軸通貨ユーロ」に存在感 流通額、米ドル超す見通し(2006年12月30日11時15分:朝日新聞)

 欧州単一通貨ユーロの流通額が、12月で初めて米ドルを超える見通しになった。欧州中央銀行(ECB)が28日発表したユーロの流通額(22日時点)は、前週より2%余り多い6280億ユーロ(1ユーロ=1.31ドル換算で約8230億ドル)となり、同時期の米ドルの8130億ドルを上回った。月間でも上回る可能性が高い。02年1月の現金流通から5年。ユーロはドルに匹敵する基軸通貨の地位を固めつつある。

 ユーロ圏は07年1月、スロベニアが参加して13カ国に拡大する。ユーロは域外で使われることが増えているうえ、このところのユーロ高も額を膨らませた。英紙フィナンシャル・タイムズも、12月の流通額がドルを超える、との試算を伝えている。

 ユーロは99年に誕生。現金が流通し、各国通貨からの切り替えが一巡したとみられる03年以降の4年間でも、流通額は1.8倍になった。トリシェECB総裁が「通貨としての信認は高い」と自負するように、基軸通貨として域外で使われる場面も増えているようだ。

 利上げが続く見通しのユーロが、対ドルで値を上げて額を押し上げたことも大きい。ドル安に直面する産油国には、リスク分散のため、資産の一部をドル建てからユーロ建てに切り替える動きも出ている。

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

自由項目

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ