Gakugai-Gijuku:Business School for Open Mind Community

学外疑塾は、奉仕されるのではなく奉仕しようという若者を支援し、進化し続ける私塾実験工房的ビジネススクールです。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:塾頭
投稿ありがとう。
投稿者:G
先日の津新町セミナーが事実ならば本格的な解決にはならないような気がします。学生の学力低下以前の教職者の学力や威厳等をどう取り戻していくかに重きを置くべきではないでしょうか。今となっては竹刀を持って授業を行う教職者は皆無でしょうし、逆に世間から偏見を受ける可能性もある。子供の教育の大半が家庭にあったとしても、学校から視線をそらして良い訳ではありません。記事からは良い解決方法が見つからない為に、ただ教育改革の実験を行っているようにも見えます。仮に、昔の日本にあって今にはないものが今日の学校教育を作り出してしまったのだと考えてみると、文化人の消失が一つとしてあるような気がします。今の日本には歴史に名を残すほどの文化人が昔ほど居るとは思えないのです。だからといって、文化人を生み出す環境が整っているか、または環境を作り出すことができるのかと問われると難しい問題ではないかと思えます。人のタイプも変わっている為、例え同じ環境を再現したとしても改善されるとは言い切れません。教育にしても家庭にしても、今の日本はパズルピースのようなものかもしれません。人のタイプが見極め切れていない為、見当違いなピースをはめ込んでしまっている。「ゆとり教育」のような隙間だらけのピースをはめ込んだが為にパズルが簡単に崩れてしまったのも納得がいきます。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

自由項目

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ