Gakugai-Gijuku:Business School for Open Mind Community

学外疑塾は、奉仕されるのではなく奉仕しようという若者を支援し、進化し続ける私塾実験工房的ビジネススクールです。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:塾頭
08年中に交代した社長は3万2440人で、交代率は2.84%と、7年連続で過去最低を更新――。帝国データバンクの調査で、そんな結果が出た。中小企業の場合、後継者がいなくて社長がなかなか辞められない、という傾向も浮かび上がる。

 調査は「全国社長分析」で、中小零細企業から大企業まで、全国の社長114万999人を対象に実施した。交代率が低下している理由について、同社は「中小零細企業では後継者難が進み、自分の代で事業をたたもうと考えている経営者が増えているため」と分析している。

 社長の平均年齢をみると、資本金10億円以上の企業では63歳で、この10年間、ほぼ横ばい。資本金1千万円未満の小規模企業では58歳で、97年の55歳に比べ、高齢化が進んでいる。

 出身地別にみた「人口10万人あたりの社長輩出数」では、福井県が1634人と、27年連続でトップ。山梨県の1488人、新潟、島根両県の各1313人が続く。福井県の独走は、眼鏡産業や繊維産業などの地場産業で、家業を地元の次世代に引き継ぐ傾向が強いためだという。逆に、サラリーマン家庭が多い埼玉県は430人で最下位。442人の千葉県や453人の神奈川県も同じ理由で輩出数が少なくなっている。朝日新聞

投稿者:塾頭
ブリヂストンは、米ラバーン工場(テネシー州)の乗用車タイヤ生産を6月末で中止し、全従業員約1700人のうち約3割にあたる543人を削減する。

 米自動車市場の縮小でタイヤ需要が落ち込み、同社は北米5工場で減産を実施している。

 人員削減に踏み切るのは今回が初めてだ。トラック・バス用タイヤ生産に携わる従業員259人については、3月中旬からレイオフ(一時帰休)する。

(2009年1月24日19時24分 読売新聞)
投稿者:塾頭
トヨタ自動車が4月に国内の減産を強化することが、24日明らかになった。

 1〜3月に前年同期比で約5割に生産台数を引き下げ、在庫を集中的に減らす計画だったが、販売が想定以上に低迷しているため、4月は減産規模を6割程度に拡大する。

 稼働日1日当たりの生産台数は7000台半ばに落ち込む。臨時の休止日や稼働時間の短縮などを検討している。在庫圧縮が進めば、5月以降は1日当たりの生産台数を1万台以上に戻す意向だ。ただ、販売不振が一層悪化すれば減産が長期化する可能性もある。

(2009年1月24日20時33分 読売新聞)
投稿者:塾頭
野村、最終赤字3000億円 10―12月 市場混乱が直撃
 世界的な金融市場の混乱を受け、野村ホールディングスの業績が悪化している。27日に発表予定の2008年10―12月期決算は、連結最終損益が3000億円前後の赤字になったもようだ。株式売買など本業が苦戦したほか、米リーマン・ブラザーズの部門買収に伴う費用の大半を前倒しで計上。リーマンの統合作業を加速することで、1月以降の収益急回復を狙う。

 08年10―12月期の赤字額は、欧米モノライン(金融保証会社)向け取引の損失を処理した08年1―3月期(1539億円)を上回り、野村が米国会計基準で四半期決算の開示を始めた01年4―6月期以降で最大となる。4―12月累計での赤字額は4000億円を超える見込みだ。09年3月期通期で赤字になれば、二期連続の最終赤字になる。 日経新聞

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

自由項目

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ