2006/12/29

こんなに降らなくても  日記

降るとは覚悟していましたが、こんなに降らなくても。
当然のごとく、娘は一日部屋で過ごすことになりました。

母は、階段を踏み外して右足に痛みがありました。
そもそもこれが23日の事。
ちょっと痛いながらも、今日まで普通どおりに過ごしてきたので大した事はないのですが。
それでも一回整形の病院で診てもらおうと、父の年末休みを待っていました。
(万が一ギプスをするような事になれば、運転して帰ってこれませんので。)
それがこの雪
娘を一緒に連れて病院に行く気にはなれません。
この雪道は危ない危ない。
かといって、1人で家に置いていくわけにも行きません。
思い切って同居の祖父に頼んでみました。
2人だけで一緒にいる事など皆無でしたのでどうなる事か。

診察を終えて家に戻ってみると、リビングで仲良く座って笑っていました。
泣く事もなく、大丈夫だったようです。
「重くて抱きかねる。」と祖父は言っていました。
やっぱり重いかー。
家で両親の手が離れるのは初めてなので、なんだか『初めてのおつかい』に出した親の気分でした。

お座りさせようとしても、すぐに体をひねって寝転ぶ体勢にもっていこうとします。
ゆっくりテレビを見ようと膝の上に誘っても、最近は全くつれないそぶりです
腕の中で活きのいい魚を扱っているようです。
今日もビックリするほど、ご飯もおやつも食べました。
そりゃ大きくなるわな・・と納得の母です。
クリックすると元のサイズで表示します ちなみに母は湿布で済みました。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ