※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2007/10/17  22:49

10月17日(水)  ロケットサラダの日記
亀田家のフロントマンの史郎氏の発言がどこまで真摯なものであるかわからないが、先日内藤チャンピオンに負けたら切腹するとまで言った大毅選手は負けてしまった現在神経衰弱で包丁を見つめるような不穏な状態という事だ。

私は母が似た様な状態になった事が幾度もあるから思うのだが、史郎氏の言う事が本当なら相当きついはずだ。大毅選手の場合は、あまりにも父親にスパルタ的な教育をされてしまったが為に、本来の思春期を歪められてしまった様に思う。洗脳みたい。

前から思っていたが、彼らは父親の考えをなぞっているだけだったと思う。なぞるしかない状況に置かれていたのだと。

教育の犠牲になったとしか私には思えない。反発しようにも力関係からして圧倒的に親側が強過ぎたからこういう事になったのかな。率直な感想は気の毒、可愛そうというものであり、全然憎めない。あんなコドモを全否定出来る私ではない。

私は親が間違っていたと思っている。

史郎氏とて子供が可愛くて仕方がないに違いないのだろうけど、その気持ちが自分の理想を背負わせ過ぎたと思う。

しかし、どんな親でも絶対正しいと言い切れる教育を出来た親など居るのだろうか。そこもわからない。ただ、彼らは目指したものがボクシングの世界チャンピオンであり、世間の目が集中する所だったと言う事だ。

亀田兄弟は親父さんを崇拝している。これが本来あるべき姿なのだろうか。私なんぞは親を疑問視して育ったから、彼らをある意味素晴らしいとも思うのだけど、本当にそれで良いのか疑問だ。

私には子供が居ない。子供を作って一家団欒の家庭を築けなかった自分は、その才能がなかったのかもしれない。若しくは元々そういうものを求めなかっただけなのかもしれない。

う〜ん、後者のような気がするのは気のせいだろうか。子供が居る家庭構築型ではなくて、カノジョや奥さんだけに気持ちが向かう性質なのかもしれない。

・・・・・しかし、妹の子供達の写真を見るとめちゃくちゃ可愛いので、家庭構築タイプを否定などもちろんしない。

でも、書ききれないな。それより寝る努力をしないとな。

親のいう事を聞かなかった自分が今どういう事になっているのか思いつつ。

ARB - 野良犬
0

2007/10/22  18:50

投稿者:ロケットサラダ

その歌は伊武雅刀(スネークマンショー)かなという意見が出ております。

http://jp.youtube.com/watch?v=qwhnBXkQarw

2007/10/21  13:16

投稿者:?
子どもがいるのですが
未だに子どもは大っ嫌いなんです
(我が子は可愛いですけど)。
昔、「私は子どもが嫌いだ」という歌がありましたよね。
まさにあの歌詞の通り。
当時は笑って済むような内容でしたが
親子で殺しあう今の時代、シャレにならない…。

2007/10/21  12:32

投稿者:ロケットサラダ
子供と一緒に成長して行けるんじゃないでしょうか。前にそういう事を書いていらっしゃった方がいましたよ。だから遅いという事はないと個人的には思うのですが。

2007/10/18  15:21

投稿者:?
亀田一家の件、そんな考え方もあるんだと思いながら読みました。
私には子供がいるけど、私は親にならなければよかったと時々思います。子供達ももう少し違う母親の元に生まれてきていたらもっと幸福感が高かったかもしれない。主人は申し分ない人でよき夫よき父親です。
安易に結婚し子供を作るけど、親に向いていない人間もいるものです。親になって気づくのは遅いけど・・・。

2007/10/18  15:05

投稿者:ばったちゃん
親と子供の関係って本当に多様で。
バッシングも度が超えて、かなり厳しく・・・
悪いことをしたのだから亀田家は悪いのかもしれないけど、今の状況、何をしても言っても批判しかされなくて何だか気の毒に思えました。
ロケさんの今日の日記見て、子供の人格形成に家庭の環境って大きく関わっているんだなって思いました。
その亀父も親にそう育てられたのかな・・・
巡り巡って孫やひ孫にもこういうふうに影響あるのかな・・・
家庭を築き子供を育てると言うこと、改めて責任重大だなと思いました。
私はいつか子供を持てたらどんな親になるのかな、そんなことを考えたりしました。

2007/10/18  14:38

投稿者:?
皆ここぞとばかり亀田親子を叩いて
ストレス解消してるみたいだな。
もちろんあの親子に同情などしないけどね。
もうお腹いっぱいだー。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ