※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2008/1/12  23:59

揺れ動く気持ち  ロケットサラダの日記
司法書士と会って来た。たくさん話を伺ったけど、やっぱりよくわからない。ICレコーダーとか録音できる物があれば良かったのだけどなかったし。

私自身は洗いざらい全て話した。その結果、いきなり任意整理にもって行くのは難しく、順番としては破産→民事再生→任意整理という事らしい。

希望していた民事再生もいきなりは難しく、破産にチャレンジして、それが駄目だったら、一段下げて民事再生に進む、そしてそれも駄目だったら任意整理という順番だそうだ。

フィリピンの人の事に関しては間違いなく騙されていると言われた。理由としてそういう話をしたのは私が初めてではなく、今までに何人もいるそうだ。1年ぐらい前にも私の様な人が相談に来たらしい。その人は同棲までしていたにも関わらずごっそりお金を持ってトンズラされたそうだ。

司法書士さんが言うには、これからも彼女と電話などで話す事があれば、貸したお金を返してくれる様に言い続ける事、例え泣き落としでもいいからという事だ。

それで返って来る訳がないのは重々承知だけど、返済要求をしているという実績が必要なのだそうだ。だから電話で話した日時と内容を逐一記録しておく様に言われた。

まあ、それはいいとして、帰ってから父に破産したいと言ったらやっぱり強力に反対された。それだけはあかんぞ! 絶対にするなよ! と言って、悲痛な顔をするのだ。もうとにかく自分が肩代わりして、何事もなかったかの様に暮らして行きたいらしい。

そんな事言われてもなぁ。そりゃ、肩代わりしてくれて、私自身が今後一切借金をしないと心に誓えばいいんだけど、それにしたって、破産にして借金自体をチャラにするのが最善だと思うんだけどなぁ。

父は言う、法律で、借りたお金を帳消しにするなんてお前図々しい奴やのぉ!。そんな事を言われてももうここまで来てしまったんだから仕方がないんだけど・・・・。

司法書士さんは父に肩代わりしてもらうのが選択肢の中で一番しない方がいい事だと言っていた。父の歳も歳だしそんななけなしのお金を投入してはいけないって。私もそう思う。

でも、父がなぁ。法律での解決は身の破滅だと思っているから。

司法書士さんと話をして自分の気持ちは、よし、破産から行こう!というものになったんだけど、家に帰って父と話をしたら、その気持ちがぐらついて、もう、父の言うとおりにしてやろうかなどと思い始めもした。あんなに悲痛に言われるとな〜。

まあ、法律での解決も、非常に手間隙かかって面倒臭いことこの上ないから父が肩代わりしてくれた方が、その点では楽なんだけど、勿体無いというか、危険な気がするなぁ。

父は、危険だと言っても、わしかってちゃんと考えとるわ!と言うのだけど。あー、揺れ動く心。

午後からの仕事は上長が不在だったからいく分気が楽だったけど、言われていた無理がある仕事内容の為に休憩もせずに定時まで働き続けてクリアした。と言っても、自分一人では完遂出来ないので師匠が手伝ってくれての事だ。助かった。やっぱり師匠は流石だな〜。

でも、また、火曜日から上長の目に監視されながら働かなければならないと思うと憂鬱で仕方がない。お金に余裕があったら転職しそうな程だ。自分と合わないというかなんというか、厳し過ぎる。毎日の事だから疲れてしまうのだ。

まあ、どこの会社に行ってもそういう事はあるので、我慢しかないな。
0

2008/1/13  15:58

投稿者:抗がん剤@副作用
はじめまして。
ブログを拝見させて頂きました。
今は我慢ですよ。私の場合はそのまま退職してしまって、今後悔しています。
がんばって下さい!

http://kouganzai.gionsyouja.com/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ