2010/10/29  23:59

アルカディア2回目  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します

本日は職業訓練所(ポリテクセンター)から帰って、まず家でも勉強できる環境を作ろうと思い、オーディオ・ルームを片付け、そこで使っていたテーブルを寝室の枕元に移動させた。このことにより枕元で座って落ち着いて勉強することができる。使わなくなったトリオのレコード・プレーヤーと故障して修理不可のソニーのアンプはロフトへ収納。だからオーディオ・ルームに残った音楽再生装置はスピーカーのモアイ(SS−66)だけだ。ロフトからは電気関係の本をどっさり寝室に持って降りた。

でもなんか寂しい。よって、1日早いけど、例の彼女(源氏名はミッシェル)に会いに外人パブに行ってしまった。まだ10月だから1000円で済むはずなのだが、指名料1000円を取られて、おまけに飲ませてくださいと頼まれて断り切れなくて言う通りにした。合計3000円だ。その代わり明日は飲ませてくれなくていいと言っていたが、やはり、彼女もあくまで仕事に徹している事は感じられた。

そして自分の中で気になっていた事を色々と聞いてみた。元旦那は浮気をしたんだから慰謝料を取れるんではないかと聞いたら、ごちゃごちゃした事を考えるのが嫌いだと言われた。元旦那とは今でも友達の様に付き合っており、週に2日は会うそうだ。自分が仕事に行っている間は子供たちをみてもらっているとの事。

浮気に関しては一切元旦那と話さないらしい。そういうごちゃごちゃした事からは目を背けたいからって。う〜ん、私には理解できないなぁ。浮気されて離婚しているのにまだ好き好んで付き合っているって何なんだろう。普通親権を持っていない親は子供と会ってはいけないのではないのか(よく知らないけど)。私は彼女の元旦那に対する態度が気に入らない。浮気が原因で離婚したのなら一切付き合うなと思う。

だから私と付き合ってくれる可能性が限りなく低くい事が分かったが、今日飲ませた代わりに明日は飲ませてくれなくていいと言うから、明日行く事は行くつもり。一応最後の賭けとしてラブ・レターなるものをしたためたし。これを渡して駄目だったら諦める。

基本的にフィリピン人は何も考えていない。緻密に考えることが嫌いなのだ。そして日本人と違って親類縁者、友達との絆は半端なく強い。毎年GWに滋賀県に住んでいるいとこの所へ遊びに行くらしいし、毎年帰国して関係者たちと会うとか。日本人は比べ物にならないほど孤独だ。

因みに前に私が痛い目に遭ったフィリピーナの源氏名は「ハニー」である。
0

2010/10/31  9:36

投稿者:ロケットサラダ
そうなんですか。勉強になります。

2010/10/30  4:00

投稿者:綾川
まかさんのおっしゃっているのは面接交渉権というもの
ですね。
コピペすると
「面接交渉」とは、離婚後に、親権者にならなかった親
が、子供に会うことをいいます。
親には子供に会う権利があり、正当な理由がない限り断
ることはできません。

2010/10/30  3:40

投稿者:まか
こんばんは。
浮気が原因で離婚したら、親権を持っていない親は子供と会えないとゆぅのは多分違うと思いますよ。
親権を持っている親が拒否しなければ大丈夫なはずです。確か・・・笑
それに、、両親が離婚したとしても、子供にとって親は親ですから。

そういえば、今日は台風が接近するみたいですね。
お気をつけて。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ