※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2017/9/18  4:00

4年ぶりの投稿  将棋
今年に入ってまだ4局しか対局してない。全部ゼロさんという方とです。内訳は2勝2敗。1回目私が勝って、2回目負け、3回目勝ち、4回目負けです。今のところ私が先勝して、ゼロさんに追いつかれると言うパターンです。内容は拮抗してるけど、ゼロさんの方が強いと思う。

ゼロさんが将棋をすると知ったのは今年に入ってだいぶ経ってからなのでこれが通算成績なんだけど、2016年は別のサイトの方々とたくさん対局しており、ライノウさんに6勝1敗、バラバさんに12勝6敗、水割りさんに1勝1敗、モンテガトさんに11戦全勝、ゲストAさんには1回不覚を取ったけど10回以上は勝ってます。

なぜ、今年に入って、たったの4回しか対局してないかというと、棋力が落ちてきたのを実感し、負けが込むのを恐れたからです。麻雀やトランプ、ボードゲームなどは負けても偶然や確率のせいにできるけど、将棋は負けたら自分のせいでしかありません。100か0しかなく、0の場合は相手より自分の方が弱いからです。他に原因はありません。

ゼロさんとも長らくやってないけど、それもこのままでは負けてしまうと思ったから、安易にはできないです。keelさんと言う22(?)の女の子にも何回かやろうよって誘われたけど、まだしてないんです。彼女は定跡が完璧に頭に入っていて、早指しが得意らしく、先日、将棋ウォーズで3級を取得したとのことでかなり手ごわいと見ています。女性で強い人は珍しいから貴重な存在です。

私が関わっている人は強い人ばかりなので、私も精進しないといけません。という訳で、最近、図書館で専門書を借りてきて勉強しているのだけど、一度に読めるのはせいぜい2ページくらいなので全然先に進まないし、進んだら進んだで読み終わったことは殆ど頭に残ってなく、本当に勉強したら強くなれるのか疑問でいっぱい。

本には石田流三間飛車が出てきたけど、これはバラバさんが得意とする戦法で去年彼に負けた6敗のうち4回はこれです。彼がこの戦法を使ってきて僕が勝てたのは1回だけなんです。うーん、訳がわからん…。何でもそうだけど、将棋もまた奥が深いです。でも、だからこそ面白いというか、取り組む価値があると思ってます。

すごく弱い人にも負けることが過去にはありました。そんな時はさすがに凹みますね。何でそういう事が起こってしまうのか、やはり実力が備わってないからなのでしょう。上達するにはたくさん対局して切磋琢磨するのが早いとは思うけど、そうすると敗戦を多く経験しなければならず、自分はそれを許せません。そんなの心が持たない。

だからヒクソン・グレイシーがたくさん試合をしなかった意味がよくわかります。数撃ちゃ当たると言うのもこの場合は違いますから。さて、先日ウォルター・ベッカーが亡くなったからという訳でもないけど、スティーリー・ダンでも聴くとしましょう。『幻想の摩天楼』から聴き進めてみます。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ