※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2017/9/26  2:10

先輩の墓終いを手伝いに行ってきた。先輩の家に20時集合で、それから3時間かかって終了。墓は3基あり、53cm×53cm×35cmが2基で、これらは1基250kgあると思われる。もう1基は少し小さく重さは半分くらいかな? 

まず、先輩が墓石をクワでグイっとやって、浮き上がった隙間に私がパイプを差し込んで行き、3本差し込んだら、それをローラーにして墓石をスライドさせ、台車に乗せる。もちろんパイプは順繰りに後ろから前に送る。

墓地の通路は砂利が敷いてあり、そのままでは台車のゴマが埋まって走行できないので、ベニヤ板2枚を順繰りに台車の進路に敷いて行くという方法だ。板上は硬い平面なのでスムーズに動く。

運んだ墓石は先輩が畑に掘った穴に放り込んだ。結構深く広く掘っていたので、これだけでもかなり大変だったであろう。

2基目の墓石を台車に乗せるとき、ズルっと行ってしまい、台車から落ちたのだが、幸いにして地面にべたんとならずに横に立っていたのでそのまま斜めにした台車に倒す形で乗せることができた。

台車は先輩が押して行ったのだけど、道路はカマボコ状になっており平面ではないため、力を入れてコントロールしなければ、端に寄っていき溝に落としてしまうことになりかねない。落としたらもうどうすることもできない。

と、このような作業をして、なんとか滞りなく終了することができた。私は補助的役割だったけど、先輩はパワー全開だったので明日は筋肉痛かも知れない。尚、先輩んちは浄土宗らしいが、魂抜きなどするはずもない。この撤去作業は業者に依頼すると30万前後かかるであろうとのこと。墓地に階段があれば業者に頼むしかないが、今回は多少の段差はあったが坂にはなっていないので二人でできた。

後日、先輩一人で縁石撤去と土を掘り返してお骨回収をするらしい。縁石は基礎のコンクリートをハンマーで破壊できればいいが。

BGM:マイルス・デイビス『Live at the Plugged Nickel, Chcago, Vol. 1』
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ