2005/3/14  20:29

主治医が変わる。  現在の治療
主治医から「元気そうだな」って言われながら、診察室に入ると「今月一杯でここを辞める」と言われた。ショックで暫く唖然としてしまった。系列病院への配置換えではなく、主治医の希望による退職らしい。(たぶん、引き抜きだろうなって思った)今度の病院は私がとても追いかけて診てもらえない遠い場所。経験や知識、人柄ともに信頼していた主治医なので非常に残念だ。

主治医の交代はこれで2度目。私にとってはとても大きなことだし、ストレスでもある。でも医師が変わることによって今までの治療が一通り見直されて、新たな展開があるかもしれない。前回主治医が変わったときはそうだった。今度の主治医は入院中何度かお世話になっているので顔見知りでもある。今の主治医より10歳ぐらい若いが医師としては働き盛り。当たりがソフトで、患者の話を良く聞いてくれる良い医師だ。

診察終了後、帰宅してもそのことが頭から離れず、色々考え込んでしまった。医師と上手くいかなければ病院を変わるしかないし、上手くいかないっていうのは治療にたいして意見が違うってことだけどね。私の場合は。ともかく今を繋ぎたい。医師であれば根本的には同じ意見のはず。

再発当初は、治癒を目指していたりしたけど、一通り薬を使ってみて、一度も癌が消えなかった。これは誰のせいでもない事実で、抗がん剤の効きの問題だ。今は新たな薬の開発を待っている。

今を繋げる治療だが私はいつも果敢に闘うつもり。そのための努力もしたいし覚悟もある。そんな私の姿勢を主治医に理解してもらい、私にとって一番良い治療の選択肢を薬をチョイスしてもらえれば良いと思ってる。

本日は白血球2600やや低め。TP、アルブミンもいつもよりやや低め。栄養状態も若干悪いようだ。腫瘍マーカーは確実にCEA、CA15−3ともに下がっていた。治療には特に問題なくいつものレジメン、タキソテール127(5)アレディア90を行う。

結局、痺れと浮腫みが治療当日まで残っている。本日から利尿剤4日間内服追加。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ