※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2005/5/31  19:40

脱出。  病状・生活
先々週末当たりから、身体の痛みと熱感があった。本格的に熱が出だしたのは23日の月曜日。不調ながらノイトロジンの注射に行った後だ。病院の廊下を歩くのがとんでもなく苦痛だったのを覚えている。息が苦しいと言うか心臓が踊ってると言うか。家に帰ると38.3度の熱。しかし今回もすぐに下がったので、抗生物質を飲まずに耐えることにした。

しかし、熱が下がっても身体の痛みがあるので、鎮痛解熱剤を飲む。その後微熱と身体の痛み、吐き気で私は起き上がることが出来なくなった。高熱が出るわけではないので、鎮痛剤でごまかしながら日々を過ごす。鎮痛剤が効いてる時間はまだ耐えられたが、切れると寝ててもうなり声を上げていたらしい。夜中に旦那さんに起こされて「死ぬんじゃないかと思ったよ」と言われた。

日々消耗していく身体。気力も萎え、考えることは「長くは持つまい」という事ばかり。食欲は全くなく、普段の3分の1食べられるかどうか。なのに体重が増えている。咳が続いてる。お腹が張ってる。胸水や腹水が溜まってきてるかもしれない。消耗する日々で、肝臓の異物感が強くなっている。食事が取れなくなってきているのも、肝臓で胃が押されてきているのかも知れない。

そんな状態に耐えられなくなり、先週末に抗生物質を開始する。今回ほど、抗生物質を飲まなかったことを後悔したことはない。もっと早く飲めばこんなに全身が消耗せずに済んだのに。

抗生物質を飲み始めてからは、身体の痛みも治まり、食欲も回復してきた。微熱も全く出なくなり、こうして日記を書けるようになったのである。
0

2005/6/1  14:18

投稿者:こんにちは、S.M.さん
今はセカンドオピニオンに行く気はありませんが、私のような患者(抗がん剤多剤耐性)のいい治療法を知ってる医師がいるでしょうか?いたら教えてください。のり

2005/6/1  4:54

投稿者:S.M.さん
医師を目指している者です。闘病日記拝見させていただいております。つらいことも多々あると思いますが、是非御家族と一緒に乗り越えていただければと思います。今はセカンドオピニオンといって、第2の医師の意見も聞ける制度となっています。是非、いろんな医師をたずねてみてはいかがでしょう。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ