※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2020/5/30  2:26

縦の糸と横の糸ってこれのこと?  ロケットサラダの日記
父が亡くなって9年経つけど家の名義をほったらかしにしていました。
でも、私もこの歳なのでそろそろやっておこうと思い、遺産分割協議書を作成し、権利者宛てに投函しました。
権利者は3人いて、亡くなった妹の娘、つまり姪宛てにまず送りました。
事前に電話したのだけど、妹の旦那さんは他県に転勤しており、お母さんが出ました。
お母さんによると姪は大きくなって単身東日本の上の方の大学に行っているそうです。
妹に似て小さい頃あんなにヤンチャで心配もしていたのですが、随分と逞しくなっている様で嬉しかったです。
なんでも絵を描くのが好きで、遠方の美術系の大学に行くと言ってきかなかったそうです。
妹も絵が好きだったのでそっくりだと思いました。
旦那さん、お父さん、お母さん、そして旦那さんのご兄妹に育まれたと思われ、感謝の気持ちが湧きましたね。
そして、他県の旦那さんから電話がかかってきたので、要件を話し、投函したわけです。
最後に会ったのが父の葬式で9年経っており、旦那さんの感じも随分変わっていました。
なんだかとてもハキハキしていたので充実しているのかな?
娘が一応手が離れて自分の時間ができたというのもあるのでしょうか。
したいことをするために単身遠い大学に行った娘の成長に鼓舞されているかもしれませんね。
顛末を生きている方の妹にLINEで報せると、とても喜んで、「❗️」がたくさん付いた返信が来ました(笑)
妹いわくやっぱり女の子の方が腹が据わっているとのことです。
親御さんらのそんな遠いところ危ないからもっと近くにしなさいという心配を跳ね返して行ったらしいから、言い出したら聞かないんでしょうね。
妹が、絵や料理が上手で頑固なところはやっぱり血やな❗️❗️と言ってました。
妹は苦労が多いので胸のすく思いだと思います。
きっと運命に対して悔しい思いをして来たでしょうから。
私は、「わしはもう思い残すことはない、死む」と返信しました(笑)
これは、本当に死ぬわけではなくて、過去を成仏させて生き生きという意味があるのですが、妹がどう思うかは不明です。
要するに良かったな!ということです。
私たち兄妹は3人とも頑固だけど、頭の固さでは私がテッペンだと思います(苦笑)。
ちなみに、亡くなった妹の旦那さんのお父様は相当頑固者です。
でも、なぜかお母様は柔らかく穏やかな人で、この人がいる場では私はいつも安心感がありました。
なんていうか、分け隔てなくフレンドリーな感じ?
私の母もそうだったのですが、差別心がないように思うのです。
我が強い私としては、こうべを垂れるしかありません。
0

2020/5/30  15:03

投稿者:rice
めいさんが やりたことを見つけ 家族の反対にあっても
突き進んる姿を 想像すると おじさん おばさんは
さぞかし 嬉しかったしでしょう
賢治さんの文章にも あらわれてますね 。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ