※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2005/9/25  6:17

昨日、妻とネッ友〜付き合っていた頃の幾つか残っているIMのログを少し見ていたんだけど、恥ずかしい言葉を連発していた。愛してるとか好きだとかいう言葉を何度も何度も書いていて、今見ると恥ずかしい表現も使っていた。日付が打たれてないからいつ頃の話なのかイマイチ分からないけど、ある時期こうやって気持ちを確かめ合ってたんだなと思った。

その頃は仕事から帰ると妻を探してパソコンのスイッチを入れてたんだ。妻がONしてなくてもネットサーフィンをしながら来るのを待っていた。妻も私を探してONしてたんだ。仕事から帰って寝るまでずっとやってたな。そのうち電話をかけ合う様になって、「愛してるチュッ」なんてやってた。

初めて会ったのは立川という所だ。この時ばかりは私の方から行った。新幹線の中からメールを送って今どこそこの辺りだよ〜なんて入力しながら、近づくにつれてドキドキしてきたりして。

そんなこんなで付き合い始めたんだけど、その頃のIMは今考えると痛々しいな。妻はいつ死んでしまうか分からない状況で言葉を送っていたんだから。会った後、分かれるのは本当に辛かった。だって、もしかしたら永遠の別れかもしれないんだもん。さよならしたあと、妻はよく泣いていたみたい。私も、泣く事があったけど。切ないよね。

遠距離恋愛だったってことがまたそういう感情を煽るんだ。近ければいつでも会えるけど、遠いとそういう訳にも行かないからね。お金もかかるし。その後、仕事が忙しくて私の方からは休みを取って関東まで出向くという事は難しかった。だから、申し訳ないんだけど妻に来てもらってたんだ。私はその事を本当に申し訳なかったと思っている。何かと言うと仕事仕事で。妻は命に関わる病気を持っているというのに。

そんなこんなで、こっちに来てもらってアパートで一緒に暮らすようになった。紆余曲折色々あったけど一緒に居たかったんだ。大喧嘩をして別れようという話に発展した事もあったけど、何とか乗り越えてきた。色んなことを乗り越える度に絆が深まって行ったんだ。好きだからこそ乗り越えて来れた。言葉にするとふ〜んそうかで終わってしまうけど、最初の頃は精神的にも不安定で、現実にはとてもハードな日々だった。本当に信頼関係を築けるまでは。そして好きっていう事が愛しているという事に移行して行ったんだ。最後にはお互い一時も離れられない程になっていた。

昨夜、頭の片隅に妻の事があってなんとなく寂しいなと思っていたんだけど、ネット・サーフィンなんかをして過ごしていたら涙が出てきた。写真たてに入っている妻の顔がいつもと同じ様に私を見ている。でも、喋りかけてはくれない。私の気持ちが届かない所に行ってしまった妻。写真だけじゃ駄目で会いたい。想い出の中だけでしか会えないなんて寂しすぎる。

大声を上げて泣いたりはしないけど、やっぱり涙は出る。じんわりと。きっと今の自分はまだ、笑っている時でも泣いてたりするんだろうな。
0

2005/9/26  2:45

投稿者:今晩は、くるみさん
ネットがあったから妻と出会えたようなものです。私にとっては必須のコミュニケーション・ツールですね。だって、現実の私は、女性と対峙したらまともに喋れないですもん。あ、男性とでもそうかもしれない。

2005/9/26  2:32

投稿者:今晩は、し〜さん
どんな所と言われても困るんですが、会うまでにずっとメールやIMをしていたので、そこに人柄が出るじゃないですか、一杯話をする中で気が付いたら好きになっていました。どんな所って部分指定を求められると悩みます。全部に惹かれたと思っているんですけど。以前妻にも「私のどこがよかったの?」と問い詰められた事があるんですけど、その時も全部とか総合的にと答えました。妻は納得していない様子でしたね。どうして女性は部分指定に拘るんでしょうか。まあ、目も鼻も口も好きでしたよ。けなげさとかも。

し〜さんのブログ興味津々です。見せつける醍醐味を感じておられるんですね。やっぱり物書きだからかな。燃える闘魂を感じます。

2005/9/25  18:32

投稿者:くるみさん
3年ぐらいなんですか。。短い。。な。。
そんな状況でもサラダロケットさんと出会えたことは、生きてきたなかで一番幸せなときだったのではないかしら。。
しんどい状況の中だから、奥さんもいろいろ迷ったと思う。。
それでも、その苦しみも大切な人を悲しませるかもしれないことも承知で、選んだ。。
そんなにも、サラダロケットさんを信じて、愛していた。。
そんな繋がりを持てるネットなんだな、、って、すこしネットも見直しました。笑

コメントくれる方って、、ほんとに感謝ですよね。^^
読んでも、コメント残すのって勇気いると思うし。。
心から共鳴したら言葉を送りたいって思うでしょ?
そんなふうに思ってくれる人が、居る、どこかに居てくれる、、そう感じるだけで、、あったかくなれるんです。。
私のブログはあの素敵なコメントがかなり宝物なんです♪

2005/9/25  18:28

投稿者:し〜さん
今、仕事が終り、ロケさんの日記を読んでます。
やまとのなれそめ、ふんふんなるほど、そうだったのかと失礼ですが興味深く読ませて頂きました。
巡り会ったとき、やまは既に癌だったんですね。
それでも愛は始まったんですね。そう、本当に嬉しいです。ロケさんはやまのどんなところに最初ひかれたのでしょう。野暮な質問とわきまえながら、聞かずにはおれません。でもまた思い出すことによって悲しくなるのであればお答えにならなくていいんですよ。ごめんなさい。
ロケさんが一歩一歩お元気になられる。誰よりもやまが喜んでます。
あるサイトで知り合った脚本家の先生が、果物を写生したときに、同じ種類の果物なのに、先生が注目して描いた果物だけが腐らなかったということを書いておられました。命の神秘ですね。
ブログは「見られる日記」です。私も始めましたが、私的にはドイツかどこかの「飾り窓の女」になった心境なんですよ。はれがましく恥ずかしいけど、見せつけてやりたいといったような・・・・・。
まあ、物書きですから、一般の感覚とはずれてるかもしれません。ですが、「見られる」ということは重要です。IT時代は誰もが主役になれる時代でもあります。
不愉快なこともいっぱいあるでしょうが、ブログでは主役は自分です。またここに集まる人々同士のセラピーの場でもあります。精神科・カウンセラー要らずの世の中になるのではないでしょうかね。
 さて、夕方の6時半ですがこれから小田原まで映画をみにいきます。8時50分から開演。家に帰ってから感想などのブログを書こうと思います。
 またね〜w

2005/9/25  15:35

投稿者:こんにちは、くるみさん
私達は最初ネットで知り合ったんです。私がメル友を募集したら女性二人から返事が来て一人はその後すぐ返事が来なくなって、妻だけが残ったんです。妻はずっと返事をくれてましたね。2001年の事だったでしょうか。もうその時は既に乳癌で肝臓にも骨にも転移していました。で、そのうち付き合い始めたんだけど、一緒に暮らした期間は3年と3、4ヶ月ぐらいです。短いでしょ。だから、もっともっとという気持ちが強いんです。
くるみさんのブログも見てますよ。というかコメントを入れてくれた人の所って見てしまうなあ。

2005/9/25  12:52

投稿者:くるみさん
おはようございます。秋らしい風と空の色。
こんな日は散歩もいいかもですよ。^^
幸せが、愛情が深いほど、、それを届けられなくなったとき、心が壊れそうなほど寂しくなりますよね。
読んでいて、胸が痛くなります。。
サラダロケットさんは奥さんと何年ぐらいいっしょにいられたのですか?
好きだから乗り越えてきて、離れられなくなった、、って素敵です。
投げ出さずに、あたためてたいせつにはぐくんできたんですね。
こんなにまっすぐに想いあっている人たちが、どうして離れなきゃならないんだろう・・・。
ちょっと、神様はひどいんじゃない?
おつきあいしてるときから、奥さんは病気だったの?
奥さんも、それは、、つらかっただろうな・・・。
たくさんの障害を乗り越えても、必要に想いあってたのですね。。
サラダロケットさんのまっすぐな気持ちは、文章に乗って届いてきます。。
何か立派な言葉なんて持ってないから、なにも言ってあげられないないけど、、
今は、こうして気持ちを出していくことがいいことに繋がってゆくと感じます。
ちゃんと、毎日読んでますよ。 ^−^*

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ