2004/7/27  17:52

治療日  現在の治療
今日は、ファルモルビシンとエンドキサンの治療の二回目を行ってきた。
白血球は1900であった。しかし、肝機能が悪化しており、すれすれの治療であるが、私は行うことに決めた。(肝臓転移の悪化が考えられるので)
私がすると言うと主治医も反対はしなかった。そしてノイトロジン250を点滴に追加してくれた。
明日も病院に来るように言われたが「明日と明後日はきっと地獄です」と答えた。主治医も無理に来いとは言わなかった。熱が出たら、受診する約束をして、診察は終わった。

今までの治療でも何度かこんなやり取りがある。私はたまに主治医に言う。「何か起こっても先生に責任とってくれって言わないですよ」と。
主治医は私が決めたことにめったに反対はしない。

今日は、また丸山ワクチンの話もした。「あの薬は長いな、僕が医者になった頃からあるから、かれこれ30年ぐらいかな?」といっていた。そして効いた患者さんを見た事がないよとも話していた。暗に反対してるのかな?とも思ったけど、私はしてみたいので、次回には持ってくると伝えた。
私も丸山ワクチンで癌を治療しようとは思っていない。免疫力を上げて、抗がん剤を続けたいのである。他に免疫力が上がる方法があったら、教えてほしい。
主治医にも答えられなかったけど・・。
0

2004/7/28  10:45

投稿者:のりさん
舞さん、いつもありがとう。調べてみました。これから治療するための参考になりそうです。私もちょっと危険な治療をするときには、悩みますが、副作用も怖いけど、癌が悪化したときの症状も辛いので、その兼ね合いで決めることにしてます。私の無謀な申し入れにはさすがの主治医も反対するので、それは医師として信頼もしてます。心配かけてすいませんでした。

2004/7/28  10:07

投稿者:舞さん
調べてみた、アドレスです。
のりさんも調べてみたらいいかな?と思って・・・
余計な迷惑だったら、ごめんね。
http://www.info.pmda.go.jp/info/pi_index.html

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ