※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2006/3/15  21:59

不調だな。  ロケットサラダの日記
苦しかった。ずっと神経が緊張していて脳みそはロックされているように感じていたし、心臓は誰かに握り潰されそうになっている感じだった。状態を言葉で表すことは難しいが。表面上はともかく精神的に追い詰められていたと思う。踏ん張るだけだった。

まだ不調なので薬を飲んで布団に入っていたが、気晴らしにテレビをつけたらHERO’Sをやっていたのでそれだけ観た。なんか番組の運営が下手な気がした。解説もイマイチだと思った。極真空手の池田選手には期待したが一瞬で所選手に敗れてしまった。

なんかだいぶ昔の打撃系選手がグレーシー一族にとってカモだった時代を思い出した。あの時代から極真空手が何の進歩もしていない様で残念だった。私の世代にとっては極真は思い入れがあるので期待してたんだけどな。

所選手は鮮やかだった。流石だ。ムラがある選手だけど調子がいい時は素晴らしい闘いをする。素直に拍手だね。

調子が悪いので続く様だったら今度神経内科に行った時に、先生に相談するかもしれない。
0

2006/3/16  21:16

投稿者:ロケットサラダ
こんばんは、心 痛める者さん。

何も言葉をかけられない私ですが、コメントありがとうございます。今日はよく寝たいと思います。

2006/3/16  19:31

投稿者:心 痛める者 より
ロケットサラダさん 私も大事な友を 癌で失いました。2003年8月3日に発病がわかり 翌年 2004年5月22日にはあいつは逝ってしまいました。わずか10ヶ月の出来事でした。 ぼくは あいつを必ず 癌から生還させると 強い思いで 各地を飛び回りました。大阪 東京 山形などなど 少しでも望みのある情報に 飛びつきました。 しかし 我々は 癌には 勝てなかった。 人様は 「 いつまでも悲しんでいるではない 」とか ぼくを思いアドバイスしてくれますが  悲しみは 確かに強く あります。 しかし それ以上に 癌との戦いに 明け暮れた 脱力感が 強く 僕の心に刻まれています。 同情は 確かに うれしいです、しかし 傷つくような表現は勘弁してほしいものですよね。 癌との闘いの この無力感は 誰にも 理解できないですよね。 僕は人格者と思っていた人に 「それじゃまるで墓碑銘みたい・・」と 表現され 深く心を痛めました。  まだ 無視してくれた方が 幸せですね。 
ロケットサラダさんも 僕も 遠い夕日を 見つめながら  在りし日を 思い出す日々は これからも続くと思います。 心ある人の やさしさに 心を
そっと 預けてみましようか、ほんの一瞬でも いいから この心を 解放したいですね。 がんばりましょう なんて言葉は 言いません。 少しだけ 少しだけ 心を 休ませたいですね  お互いに 。。。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ