発売予約受付  

クリックすると元のサイズで表示します

歌集 「流れの面」 予価一千五百円 送料込

 予約方法 jungleroad91@yahoo.co.jp宛お申し込みのメールあれば当方より口座番号を返信します。入金確認後即日か翌日には発送可。
A5変形版 本文二百六十頁
収録歌数平成二十年十一月二十七日より
    平成二十一年十二月四日迄の作歌一千二百五十首を収載

平成二十一年(2009)が萬葉集末尾の歌が詠まれた天平寶宇三年(759)より数へて一千二百五十年に当るにちなんでこの歌数とした。依て以て斯界の隆盛と日本の弥栄を祈念する意味を籠めたはいふまでもない。

内容は作者自体の日常時事詠を地とし、それぞれの立場或いは時代の視点に立つた代述心緒で詠む歴史詠恋歌を模様として展開する歌集構成の連歌である。
以後の世の歌集の作りやうに一つの示唆刺戟を与へるものとならば作者として本懐これに過ぐるはない。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

流れの面 序  




 短歌は基本的に、齋藤茂吉もいふごとく「詠嘆の形式」でありアイゲンの聲かも知れぬ。

 そこから彼の有名な「實相に觀入して自己自然一元の生を寫す」といふその實甚だ多元的融通自在な寫生の説も導きだされてゐる次第であるが、私は他を思ひやりこれに成り代はつてする詠嘆も又一つの意義なしとせぬと思ひ、萬葉以來の「代述心緒」の形式を大幅に取り入れて歴史事象」や愛戀の現場を語りではなく、ドキュメントとしてなるべくその場に居合せた者の視点での詠嘆として提供してゐる。これ又立派に茂吉の知られた論たる「生のあらはれ」ではあるまいか。

 全く順不同到つてランダムな代物ではあるが、飽くまで意識に浮かんだ順序によつてなるこれらの歌をば、自身の日常嘱目や時事詠等を生地とし、これに織り込み綯ひ交ぜる模様として鑑賞する中に、おのづから過去と現在・有情と非情或いは幽明の間の常住不斷の交感を觀取していだければよいかと思ふ。

続きを読む
0

2010/10/26

霧雨も降りあぐみゐる夜の川  日記と歌論


霧雨も降りあぐみゐる夜の川の流れに痰を吐きて帰れる


ちよいと根暗かも知れぬ。忽忙の数日は過ぎたゆゑ明日からはもう少し明るく発展的に詠みぶりも題材も心したいところではあるが。
秋はいつもの年並の気候に落ち着きやや雨癖が付いたといふところか。冬も例年のごとからむと長期予報。しかし十年の余も雪らしい雪を見なかつたといふ東京の状況をさしての例年ではいかになんでも歌にしかねるか。年の残りはなるべく各地に出かけて材を求めたいところだが、現下の身の不作がそれをゆるすかどうか。
0

2010/10/19

けばけばしき街の灯りも  日記と歌論

けばけばしき街の灯りもどこかしらなつかしさ添ふ秋の夕暮

まして灯下親しむべきところでせうが、この頃は読書もはかばかしからず。怠惰の身を恥でてゐます。
0

2010/10/15

出會 下町・新開地  戀さまざま

着信に誘はれ來れば皮革店列なる奥をぽつねんと猫


物陰へ伴れて袂に手差し入れまさぐる胸は莟み固きに


遊女等を見張れる五叉路ほど近く跨せもんどりうつその肢體


遂げて來てうはの空なる目には見ゆ日に伸び行けるスカイツリーが


吊るされし牛の繪おもふお台場に無駄の極致のビルを見ながら


0

2010/10/15

日本の眞裏の生還劇日本の眞裏の生還劇  日記と歌論

疲れつつ昨日は經しか日本の眞裏の生還劇を見ながら


東京の地面を垂直に掘り下げて行くとブラジルのサンパウロ辺に達すると物の本で読んだことがある。
ところが標準時上の日本の真裏とは昨日奇跡の生還劇を演じた鉱山のあるチリであるらしく刻々の様子を伝へる現地時間は日本時間とは日付と午前午後を入れ替へたのみの全く同時刻なることに改めて、地球は眞円ではなく楕円であることと共にチリ地震津波以来の同国との浅からぬ因縁を感じつつ時間を追つてピッチを上げて行く救出作業の報に心から感嘆したのであつた。
0

2010/10/13

二の矢  日常 時事


引拔きてうかがふ二の矢取り押ふ迄なく委員長の眼鏡摺り落ちて


銃殺に処せむといふか決然と捕虜ら逃がせし看護婦我を


開戰に傾く社論嫌氣して退社の彼らがおもはくさまざま


紅毛に月代剃りて潜み入れるその碧眼を縛せり屋久に


圖らざる纞の悶えに引き込める美女は代々の刑吏の娘か
0

2010/10/13

雨とつ追ひつ思案に  日記と歌論

しづかなる明け暮れにしもあらなむを雨とつ追ひつ思案に紛れ込む


思案してゐるのは自分か雨かわけのわからなくなることがあります。


収穫れををへし田面の水溜りに義眼のごとくはまりこむ月


「田毎の月」といふ表現とは又違ひ一種不気味な感じに。
0

2010/10/11

上海へ今更招待  日記と歌論

上海へ今更招待せられても埋まる予定に困る顔ぶれ

下記引用のニュースのごとし。君子豹変するにもドタバタして見苦しい。訪問予定であつた学生諸君もその為のお小遣は疾うに他の目的に使つてしまつた筈で、内何割がゆくものですか。

日本人万博訪問団受け入れへ=尖閣問題で延期から一転―中国
時事通信 10月10日(日)20時28分配信
 【上海時事】尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を背景に、中国側が延期を通告していた日本の大学生ら約1000人の上海万博訪問について、今月27〜30日の日程で受け入れると日本側に伝えてきたことが10日分かった。
 日中首脳が4日の非公式会談で両国関係の修復で一致したことを受け、中国側も幅広く関係改善に動きだしたものとみられる。日本側には「姿勢軟化の表れ」との見方が出ている。
 日本側窓口の財団法人・日中友好会館が10日、公式サイトで明らかにした。中国側の受け入れ団体である中国共産党傘下の中華全国青年連合会からも「準備を進めている」との連絡があったという。 
0

2010/10/9

街の灯はやうやく秋がまし  日記と歌論

街の灯はやうやく秋がましくうるむ年の残りを何はげむべき

つい先日も夏日でしたか。異常な年であるがやがては歴々の年波の水泡に没してゆくのでせう。唾棄すべき不快事も多くあつたが今は静に自分で収穫し得るものの範囲を冷静に見定めて極力途切れることなき泡の足跡をとどめてゆきたいところです。
取敢へず歌物語は二十ほどアップして以後二月中断したままですから本日港方面での所用終へやをらとりかからむかと考へてゐます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ