2009/5/28

誰も恨むな  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

画像引用「朝鮮日報」

誰も皆哀號の面堪へ切れぬ中を柩よ誰も恨むな


 昨夜十時過ぎに仕事先から帰りネットに接続してみればかかる報道に一驚。そそくさと癖付けてゐる五首一連にまとめたところがアクセス異常に増殖して、普段二桁に至れば足れりとしてゐたところを十倍以上の訪問あり、それでゐてコメント・トラックバックの類は一向なきをいぶかしんだ次第です。

 以前仕事先で在日のといふよりは日本語堪能なる滞日の方と知り合ひ親しくなつたことあり談たまたまネポチズムはびこる韓国の政治風土のことに及び、ノムヒョン末期とはいへ未だ大統領職にある時点で、2チャンネルなどでノムヒョン逮捕はいつかなど無責任なとりあげがされて居る例を引いて、さういふ前任者への報復式なことはせずに穏便に済ませられればよいねといつたところが、「いや、徹底的にやるべきだ。臭い物に蓋なんてことするのは日本人だけだよ」といふ答へで彼我の心性の落差にあらためて思ひを致した次第です。

 ノムヒョン氏は自家撞着式な主義主張の下性急に歴史の清算を迫り、親日派の断罪に身命を賭されたやうですが、結局ご自身が歴史に清算さるべき身と悟れる果ての今回の件ではなかつたかとおもへてならぬ。

 「恨」とは日本文芸の「もののあはれ」に相当する韓国民の基本情調といはれますが。今回の件が迫つたことは「恨」の根本的清算ではなかつたか。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ