2009/6/10

女敵討ち  讀史つれづれ

苦り切る女敵討ちの後添へに請はるる出戻りの娘を前に

親の仇尋ねあぐむ間涙せり苦界に沈むいもうとよりの錢

里の兄へ危急告げむと送りやる兩端括す小豆袋を

網駕籠の忍び過ぐる夜の引き明けに果たして鴉の騒ぐ鈴が森

神の許へ四五人送り屆けてから埋め合はせたまへと娘の父は
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ