2009/7/29

甘きつぶて  日常 時事

公約の甘きつぶての投げ合ひを日々の紙面に讀みて冷めゐき

紫陽花のたむろ剪り去る鋏の音さやかに蝉のしきる朝かな

日のなかにかならず雨を降りまづるこの頃どこか落ち居ぬ思ひ

厄落としせし痕か否かは知らず下穿き踏みつけたるゼブラゾーン

やあと聲かはしてすれ違へる友の行く先はおのづて知れてあれども
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ