2009/8/18

政事家 金大中  日常 時事

クリックすると元のサイズで表示します

画像引用asahi.com

金大中訃報到る日はほどなく暮れいたいたしくも苦き酒飲む

歌集番外ですが、ソウルからの急報といふことで。
1973年の拉致事件から生還帰国後自宅で記者会見に応ずる氏の姿に隠れて見えぬは問題の北の首脳氏です。
私はかつて彼の拉致事件をいろは歌で読んだことがありますのでついでに紹介。

拉致された政事家は
祖国の炉窓に舫ひうるむ
議員てなづけ
拗ね合ふ身ゆゑに
覚えぬ弱り目を

らちされたせいしかはそこくのろまとへもやひうるむ
きゐんてなつけすねあふみゆゑにおほえぬよわりめを

政事家であつて政治家ではなかつたといふが私の評です。ポピュリストであつて厳密な意味でのポリティシャンではなかつた。

ポピュリズムの政治といふものの最悪の実例を後世にのこしたかと。

北朝鮮への無償の援助一方的な「友好確立」の媚態が、今近隣諸国にいかなる迷惑を及ぼす事態になつてゐるかを見れば明らかでせう。

内なる独裁に抵抗する闘士民主化の旗手が、外の独裁には甘く対処するどころか国民の税金を使つて擦り寄り結果得た「ノーベル平和賞」の代価は、その資金を使つての彼等の核開発の資金になり了つた。

 最後まで北を擁護の主張を変へず世界中説き回つてをられたやうなれど、北への愛と信頼に根ざしてか、それとも「ノーベル平和賞」受賞者といふ己の名誉を護らんとしてのことか知れたものではない。

よつて悼むべき酒も愚痴になる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ