2009/8/26

百人一首應答歌短歌  日記と歌論


春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ

周防内侍


流す名をいまさら惜しとおもはねど梅雨しぬのめのくちなしの花

ながれのおも

あきらめに近いでせうか。春の夜その後の消息です。

心にもあらで憂き夜に長らへば 恋しかるべき夜半の月かな

三条院


今ごろをおもひ残さんとはせぬにあたじけなくも明けの月影

ながれのおも

心にもあらぬ未練の形と捉へて。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ