2009/8/28

遺命  讀史つれづれ

わが首級かまへて敵に奪らすなと遺命ぞ重きさまをかへても

射落とせし騎馬武者にたかる雜兵を憎み射掛けぬ矢継ぎ早にも

接吻を迫り押し寄す槍先に王妃が女友達の首

裏切りの掘り返されて梟首へと到る墓邊の土のかぎろひ

遠花火見やりて寝物語にも洩らす密事よ乳揉みながら
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ