2009/9/10

百人一首應答歌四十二  日記と歌論

世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

皇太后宮大夫俊成


分けて入る山の奥にもかもしかのごとき子の目に遭ひつときめく

ながれのおも


道歌めかしてもこれは俊成若き頃の作で当時から多くの妻子をかかへてゐた色好みといふオチもありますから完全なバレ歌で返して置きます。む


長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき

藤原清輔朝臣


ながらへて憂さつれづれをたのしまむあきらめわく身こほしかりけり

ながれのおも

本歌の口調にならひ今の自分の心境といつたところです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ