2009/9/25

思はぬ「現場」  日常 時事

クリックすると元のサイズで表示します

僕はかつてなんとも寝覚めの悪い写真を撮つてしまつたことがある。仕事で赴いた先の近くの河原で昼餉後、川舟と対岸の風景を半々に処理した映像で晩春から夏に向かふ都会の川の風情を撮つたつもりで、色は歌などつけてブログに投稿したのまだが、しばらくして又訪れた先でさういへばこんな事件がと思ひ尋ねたところなんと知人が指差してくれた、加害者と被害者の住んでゐたマンションは上掲の写真の左手の、最上階がすっぽりブルーシートに覆はれてゐた部分であつた。その日まさしくてがかりを求めて現場検証懸命の捜索も続けられてゐた折も折であつたのだ。
 昨日の記事に曰く

江東・女性殺害、無期懲役が確定
 東京都江東区のマンションで会社員、東城瑠理香さん(当時23)が殺害された事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われ、一、二審で無期懲役の判決を受けた元派遣社員、星島貴徳被告(34)について、死刑を求めていた検察側は上告せず、上告期限の25日午前0時に判決が確定した。(01:24)
日本経済新聞

これが裁判員開始後の起訴であつたらばとあげつらつても仕方ないが、被害者が1人でも死刑とされたほかの事件に比べて「残虐性・執拗(しつよう)性はない」などとする意見書が取り上げられる余地はなかつたはずである。

その時の不意識の写真に改めて文字載せして送らうとしてなんとも不条理の思ひにつかれる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ