2009/10/19

双眼鏡  讀史つれづれ

對岸の自治區逃れて向かひ來る船次々と双眼鏡に

逮捕令到らぬ先にゴムボートを漕ぎ寄す沖で待つ飛行艇へと

重臣の隻脚奪ふ爆彈を投ぜしその場にて自刃遂げしか

大使館解放の後上りゆく階段 占拠首謀者の遺骸

開国國を説く使節船 病既に篤きか 漂着民の一人は
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ