2009/11/24

代理母  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します
代理母となりたる祖母が抱く孫よ子宮切除のその母と共に

今朝の読売新聞には実母が代理母となつた最近の事例が写真つきで出てゐた。
実母が子の産めぬ娘の代りにといふ事例は日本でも以前二三あつたと記憶するが、写真つきでといふのは、赤の他人の代理母と違ひトラブルの余地少ないとはいへかなりの勇気を要したことであらう。

一歳の時に子宮に大きな腫瘍が見つかり切除したその娘さんが結婚した際、
実母「私は子どもを持てて幸せなのに娘は子どもを産めない。その幸せを味わって欲しいと思い「私に産ませて」といった。」
女性 「母の体を痛めてまで子どもを持つ必要があるのか悩んだ。でもとにかく一歩前に進んでみようと思い院長に相談した。略 最初は親になった実感がなかったが毎日おむつを替え、夜中に授乳し実感が出てきた。
生まれつき子宮のない女性も病気で子宮を失ふ女性もいる。私が悩みを話すことでその方たちの悩みが軽くなればいい。あきらめないでほしい。」
実母 新しい命が生まれるのは素晴らしいこと、代理出産の禁止で子を持つ道を閉ざさないで」

云々新しい命の誕生に直接関つたこともない自分としてはただ敬意を表し、国勢の将来を健全に保つ為にもより多くの新しい健康な命が誕生して欲しいとは思つた次第である。

今手許にスキャナなく携帯カメラはどうも調子が悪いかぼやけるが、例によつて文字載せして一首。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ