« 冬景 | Main | 亂射 »

2009/11/30

水魚問答  日記と歌論

♓歌とはあなたにとつて何

♒いやでもつきまとふもの

♓なんだか陰鬱でなげやりな定義ね。

♒才能とは病気の別名さ。患部を切り捨てるやうに歌も詠み捨てだ。

♓さうやつていくつの患部を、いやさ、歌を読み捨てましたの。

♒一万とまではゆくまいが、八千はくだらぬかな。でもとつておいたことない。はじめてだな今度か。ネットの掲示板に折にふれ詠み捨てたものだけでも二百首はあるかな。

♓それで以て癒されまして。

♒癒されることはないのさ。

♓血縁の方はをられませんの。

♒ああもう天涯孤独。し尽くしたな。不孝の限りは。

♓でもお歌は妙に明るくてドラマティックかとおもふと妙に瓢軽なものもありましてよ。

♒絶望を知るもののみが獲得るをかしみだよ。

♓憑かれたやうに五首一連ですのね。それで総計千二百五十首とはどんな意味がおあり。

♒万葉集の最終歌が詠まれてから今年で一千二百五十年だとふと思ひ返してね。悠久のやまとうたの流れにつけ加へ得たなにがしかはあるかと。今夜にもその数になる。

♓ああ大伴家持に

 あらたしき年の始めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事

とあるあれですね。どうせなら貴方の歌集の最終歌も新年の賀歌になさればよかつたでせうに。

♒満月が照つてゐるのにツイタチだなんていひくるめる暦の下で新年を祝ふ気はさらさらないね。あれは明治初期の政府が官吏の俸給支払ひに迷つた末の歴史的八百長だよ。営々培はれて来た国語の語義語感があれで歪められてしまつた。

♓でもその歴史背景をも含めて今一度深く追究する為にとこぞ結社に所属なさつて、しつかりとご意見と実作を世に問ふ場を確保なされてはいかが。

♒特に教はりたいとおもふやうなのはゐないな。僕は現代の歌は斎藤茂吉くらゐしか読まぬしくだつても土屋文明文明か茂吉の弟子の佐藤佐太郎邊までだ。

♓しつかりした自己定義をおもちのやうで何よりですけど、無視された儘でをられるのはなんだか勿体ないやうな気がしますし。

♒孤立もまた楽しさ。無視して欲しくないのは貴女だ。折角立ち入つて僕に尋ねてくれるんだからついでの事僕の差し迫つて切実な患部を癒してくれはしないかと。

♓あら、おほほほほ。勿体無いお申し出ですけれど。あたくし別れた主人からは女ではないがしに扱はれましたし、子も産めぬ体ですし、その上生憎月の物が。

♒ああ「いなにはあらずこの月ばかり」と古歌にあるね。絶望に重ね塗りしてくれて有難う。
三十一文字の歌はここで一段落だか、歌そのものは形を換へて続けてゆくから、貴女もお体の都合がついたらいつでもどうぞ。こんな定めない世だから。

♓ええ定めない世ですわね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ