2010/1/26

寒夜  日常 時事

死兒の齡確かむるごと檢索す捨て來し里の今夜の氣温

切り刻む大根のなか烏賊の足入れて煮込めば湯氣に悔いつつ

人材は腎虚の世にし検察が意固地に追い詰めみむものや何

掌を返して圍むカノッサの雪に裸足で赦されて後

拍子木は今過ぎ行きぬ自他共に思ひやるなくて經けむわが世か
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ