2010/2/25

春塵  日常 時事

春の塵たちあらそはぬ通り拔けへはぐれし鳩と我と入りゆく

陽はややに斜めならむと猫は瞳をほそめて居酒屋の支度時分

春もはや革のコートを腰巻に馳せ行くナナハン相乘り乙女

雲の筋河原の上の空刷けるはたてに十日の月昇り來る

七草をかたどる河原の石疊の煮炊きの痕に夕かげの差す
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ