2010/3/25

花の面  戀さまざま


花の面明けてみるみる凍え來る氷雨のなかに君を待ちて佇つ

待ち惚け食はせし前科はお合子と着信到るハチ公の前

ひとくさり鯨談義のその間にも伸びて來る手を嫌はむとせず

今日は子を親に預けて手つなぎて向かふ道玄坂口の宿

身の上は包まずあれど固唾呑み待つシャワーの音終るその時

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ