2010/10/1

名殘りの百日紅  日記と歌論


擦れ違ふ車木肌を搖るがせば雫はげしき名殘りの百日紅


酷暑から一転冷雨。百日紅の名のごとく色を保つて来た百日紅もさすがに萎れました。


ささやけき五六箱ほど買ひためて値上げの期告ぐる時報を聞けり


買つた分で半月をもたせて見ようかなど埒もないことを考へたりします。今まで月当り喫つた総量平均から三割減を取敢へず目標ですが、半減にまでは出来るでせう。喫はなくても死ぬわけではないと体に覚えこませてゐますから。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ