2010/10/13

雨とつ追ひつ思案に  日記と歌論

しづかなる明け暮れにしもあらなむを雨とつ追ひつ思案に紛れ込む


思案してゐるのは自分か雨かわけのわからなくなることがあります。


収穫れををへし田面の水溜りに義眼のごとくはまりこむ月


「田毎の月」といふ表現とは又違ひ一種不気味な感じに。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ